仙田学 : ウィキペディア(Wikipedia)

仙田 学(せんだ まなぶ、1975年1月27日 - )は、日本の小説家。2003年に処女作「中国の拷問」で早稲田文学新人賞を受賞しデビュー。

来歴

京都府生まれ。大阪芸術大学芸術計画学科中退。関西大学文学部フランス文学科卒業。学習院大学大学院フランス文学科博士課程単位取得退学『早稲田文学』(早稲田文学会)2003年1月号 受賞の言葉より。

2003年に「中国の拷問」で第19回早稲田文学新人賞を受賞。2013年に初のライトノベル作品『ツルツルちゃん』をNMG文庫から発表。2014年に純文学作品短編集『盗まれた遺書』を河出書房新社から発表。

人物

  • 趣味は女装。『ツルツルちゃん』( NMG文庫、オークラ出版)2012年プロフィールより。早稲田文学2013年6月号では表紙と巻頭グラビアになっている。

作品リスト

小説

  • ツルツルちゃん (2013年 NMG文庫、オークラ出版)
  • 盗まれた遺書 (2014年 河出書房新社)

単行本未収録

  • 平均的駅員(2004年、早稲田文学1月号、3月号)
  • きみの中指の深爪の(2004年、早稲田文学11月号)
  • 億光年の涙(2005年、早稲田文学5月号)
  • 虫(2006年、牛王4号)
  • 夏への扉の木目-西森琴乃展「春」に寄せて(2008年、Reviewhouse創刊号)
  • 零年代のレミー・コーション(2009年、國文学6月臨時増刊号「小説はどこへ行くのか」)
  • ツルツルちゃん2(2016年、文学金魚)
  • 鬼門コンパ(2016年、SF Prologue Wave)
  • 愛と愛と愛(2016年、文藝秋季号)

エッセイ

  • 15×2=30=60÷2(2009年、文学界5月号)
  • 生活を変えたくなる(2009年、別冊文藝『太宰治』)
  • 幻想の自由(2013年、すばる12月号)
  • いとうせいこう『存在しない小説』(書評、2014年文藝春季号)

映画出演

その他

  • ドリームナイト(2009年2月、黒瀬陽平、伊藤亜沙主催の美術イベント 出演)
  • ユーモアと飛躍 そこにふれる展(2013年9月、美術展、小林耕平とトークセッション)
  • 文学金魚対談(2016年、西紀貫之との対談)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/04/13 21:44 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「仙田学」の人物情報へ