イレーヌ・ジャコブ : ウィキペディア(Wikipedia)

イレーヌ・ジャコブIrène Jacob, 1966年7月15日 - ) は、フランス出身の女優。

同国を代表する女優の一人で、スイスにも地盤を置いて活動している。カンヌ国際映画祭 女優賞受賞などの実績があり、日本の映画や舞台にも出演した。

来歴

1966年7月15日、フランス・シュレンヌで生まれた。父親は物理学者のモーリス・ジェイコブ、母親は心理学者。兄が3人おり、その内の一人フランシスはミュージシャン、2人は科学者Biography Base. "Irene Jacob Biography." Retrieved on December 13, 2007.である。3歳の時にスイスのフランス語圏都市ジュネーヴに引っ越し、同地やロンドンYahoo Movies. "Irene Jacob Biography." Retrieved on 13 December 2007.Net Glimpse. "Irene Jacob Biography." Retrieved on 13 December 2007.、パリの国立高等芸術演劇学校などで教育を受けた。

1987年、ルイ・マル監督の『さよなら子供たち』で映画デビュー。1989年にはジャック・リヴェット監督の『彼女たちの舞台』に出演。

1991年、『さよなら子供たち』を観たクシシュトフ・キェシロフスキ監督に『ふたりのベロニカ』の主演に抜擢され、同作で第44回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。

1994年、『トリコロール/赤の愛』で再びキェシロフスキ監督の作品に出演。翌1995年にはミケランジェロ・アントニオーニ監督の『愛のめぐりあい』に出演。

2008年、テオ・アンゲロプロス監督の遺作となった『エレニの帰郷』で主人公エレニを演じた。

2014年、第1回 京都国際映画祭でモスト・リスペクト in Paris賞を受賞。同年、日本の舞台『変身』に客演し、翌2015年には映画『さようなら』にも友情出演した。

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
1987年 さよなら子供たちAu revoir les enfants 音楽教師
1989年 彼女たちの舞台La bande des quatre マリーヌ
1991年 ふたりのベロニカLa Double vie de Véronique ベロニカ 「カンヌ国際映画祭 女優賞」受賞
1993年 秘密の花園The Secret Garden メアリーの母
1994年 トリコロール/赤の愛Trois couleurs: Rouge ヴァランティーヌ
1995年 愛のめぐりあいAl di là delle nuvole
オセロOthello デズデモーナ
ヴィクトリー/遥なる大地Victory アルマ
1997年 迷宮のレンブラントIncognito マリーケ
1998年 追跡者U.S. Marshals マリー
1999年 第一の嘘The Big Brass Ring セラ・ブランディーニ
スパイゲームHistory Is Made at Night
2008年 エレニの帰郷 エレニ
2009年 いかしたガキどもThe French Kissers オーロールの母
2010年 Rio Sex Comedy イレーヌ
2014年 The Easy Way Out マチルダ
ラスト・リベンジDying of the Light ミシェル・ズバレイン
2015年 さようならSayonara ターニャの両親 日本映画(友情出演)
2016年 エタニティ 永遠の花たちへEternity ガブリエルの母

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/09/30 09:12 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「イレーヌ・ジャコブ」の人物情報へ