マイケル・コールター : ウィキペディア(Wikipedia)

マイケル・コールター(Michael Coulter, 1952年8月29日 - )は、スコットランド・グラスゴー出身の映画撮影監督。1980年より、主にイギリスで撮影監督として活躍している。1995年の『いつか晴れた日』でアカデミー撮影賞にノミネートされた。

主な作品

  • ダイヤモンド・スカル Diamond Skulls (1989)
  • 天使も許さぬ恋ゆえに Where Angels Fear to Tread (1991)
  • フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral (1994)
  • ネオン・バイブル The Neon Bible (1995)
  • いつか晴れた日に Sense and Sensibility (1995)
  • フェアリーテイル FairyTale: A True Story (1997)
  • ノッティングヒルの恋人 Notting Hill (1999)
  • キリング・ミー・ソフトリー Killing Me Softly (2002)
  • ラブ・アクチュアリー Love Actually (2003)
  • バンク・ジョブ The Bank Job (2008)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2016/04/22 07:20 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「マイケル・コールター」の人物情報へ