映画.com × MotionGallery

新しい才能・映画を支援します!

支援プロジェクト一覧

「ミニシアター・エイド基金」のよる小規模映画館の支援に賛同し応援しよう!

2020年4月13日更新

深田晃司監督、濱口竜介監督が発起人となって4月5日に立ち上げを宣言した「ミニシアター・エイド基金」が、小規模映画館支援のためのクラウドファンディングをスタート。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、政府からの営業自粛要請が続き、全国の小規模映画館「ミニシアター」は、補償が不明瞭な中、閉館の危機にさらされている。「多様性」という観点からもミニシアターの日本文化への貢献度は非常に大きく、この窮地を救おうという「ミニシアター・エイド基金」プロジェクトには、全国のミニシアター50館超の参加希望、多くの映画監督や映画人からの賛同と参加の意思表明が集まっている。

目標金額 100,000,000円

コレクター 29926人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」の全国展開を支援しよう!

2020年3月19日更新

自然を愛する夫婦が夢を追う8年間の奮闘をとおして、持続可能な未来を創るための希望と多くのヒントがぎっしり詰まった感動ドキュメンタリー映画。3月14日より公開されたが、新型コロナウイルス被害拡大により、上映劇場や上映回数の縮小が続き、大切な本作の鑑賞機会が奪われている。一足早いDVDやオンライン視聴、そして自主上映会開催でこの映画を拡散しよう。

目標金額 3,000,000円

コレクター 31人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

ジョナス・メカスを詩人・吉増剛造が悼むドキュメンタリー映画「眩暈 Vertigo」の制作を支援しよう!

2020年2月20日更新

アメリカ前衛芸術映画の父と言われた詩人の故ジョナス・メカスを悼むドキュメンタリー映画「眩暈(めまい)Vertigo」が制作中だ。アメリカ・ニューヨークの前衛芸術映画を作り、多くのインディーズの映画作家を支援してきたメカス。本作は、現代日本を代表する詩人・吉増剛造が、2019年1月23日に96歳で逝去したメカスの一周忌にマンハッタンに上陸し、故人を悼み、詩を創作する過程を追跡するもの。監督は「幻を見るひと」の井上春生。年内完成、来年国際映画祭へ出品を目指す。

目標金額 7,000,000円

コレクター 148人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

豊田利晃監督最新作「破壊の日」の東京五輪開幕日公開に向けた製作を支援しよう!

2020年2月10日更新

豊田利晃監督がメガホンをとり、企画、脚本、プロデューサーも兼任する新作映画「破壊の日」の製作が決定。東京オリンピック開幕日の7月24日に渋谷ユーロスペース他で全国公開される。同作は、映画製作、配給とともにクラウドファンディングを同時進行で行うプロジェクト。あらすじ、出演者、主題歌は発表されず、クラウドファンディングが進行するなかで順次明かされていく。製作費はクラウドファンディングにおける映画ジャンル最高目標金額3000万円としている。

目標金額 30,000,000円

現在までに集まった金額 5,775,893円

達成率 19%

 

支援募集終了まで残り 11日

今泉力哉監督×若葉竜也主演の最新作「街の上で」の完成と劇場公開を支援しよう!

2019年8月28日更新

今年4月に公開された「愛がなんだ」がヒットし、9月20日から「アイネクライネナハトムジーク」の公開も控える、今泉力哉監督の最新作「街の上で」の撮影が7月末にクランクアップ。主演は若葉竜也で「愛がなんだ」以来となる二度目のタッグで、若葉は本作が映画初主演作となる。今泉監督が東京の下北沢オールロケ撮影で挑んだオリジナル脚本による長編映画。「第11回下北沢映画祭」のプログラムの一環で10月13日にプレミア上映予定だが、完成および国内外での上映に向けた支援を募っている。

目標金額 1,350,000円

コレクター 177人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

品田誠監督が藤原季節を主演に迎えた最新作「鼓動」の完成と劇場公開を支援しよう!

2019年6月6日更新

「不感症になっていくこれからの僕らについて」で第12回田辺・弁慶映画祭の映画.com賞を受賞した品田誠監督が、藤原季節主演で撮り下ろす最新作「鼓動」が今月中の完成を目指し、現在仕上げ作業に入っている。品田誠が今まで見聞きしてきた物語の中でも、特に語られたがっていると感じた物語を選び、映画にしたもの。主人公を藤原が演じ、ベテラン俳優の入江崇史、桝田幸希、菅原健らが共演する。6月28日からテアトル新宿で開催される「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」でお披露目予定。

目標金額 400,000円

コレクター 54人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

迫田公介監督の長編デビュー作「君がいる、いた、そんな時。」の全国公開を支援しよう!

2019年5月31日更新

広島県の呉市オールロケで制作した迫田公介監督の長編デビュー作「君がいる、いた、そんな時。」が、2020年の劇場公開に向けて、現在編集仕上げ作業に入っている。小学6年生の主人公・岸本にフィリピン人と日本人のハーフのマサマヨール忠、岸本と同じクラスの香山役には、呉市内の小学校に通う坂本いろはをオーディションで大抜擢。また、主人公を支える図書館司書・祥子役を、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」や現在配信中のFODオリジナルドラマ「百合だのかんだの」など映画・ドラマ・舞台で活躍する小島藤子が演じる。全国公開のための上映宣伝費、海外映画祭へ出品するための支援を募っている。

目標金額 2,300,000円

コレクター 154人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

岡山天音主演×飯塚俊光監督「踊ってミタ」の製作を一緒に応援しよう!

2019年5月14日更新

若手実力派俳優として映画、ドラマで活躍する岡山天音が主演し、「独裁者、古賀。」「ポエトリーエンジェル」の飯塚俊光がメガホンをとる地方再生型ヒューマン・ダンスムービー「踊ってミタ」の製作が決定した。
東京で映像作家になる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となるが、夢を諦め切れずにいる主人公・三田を岡山が演じる。また、三田と同僚の観光課職員・真鍋を「ポエトリーエンジェル」で岡山とダブル主演した武田玲奈が演じ、岡山×武田×飯塚監督の3人が再び揃う。そして、町の活性化を三田に命じる若手町長・丸山役で「仮面ライダー電王」の中村優一が参戦し、これまでのイメージを覆す役を演じる。飯塚監督の脚本による完全オリジナル作品で、5月中旬から栃木県足利市を中心に、群馬県中之条や都内近郊で撮影される。

目標金額 3,000,000円

コレクター 104人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

小西未来監督「カンパイ!日本酒に恋した女たち」の劇場公開を支援しよう!

2019年2月7日更新

世界中の映画祭で上映された「カンパイ!世界が恋する日本酒」の小西未来監督が描く、日本酒ドキュメンタリー映画第2弾「カンパイ!日本酒に恋した女たち」が、4月27日よりYEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次公開と決定した。前作から3年後、映画ジャーナリストとしても長年ハリウッド映画業界の最前線で活躍する小西監督が、長らく女人禁制と言われてきた日本酒の世界に新たに切り込んだ。第2弾は、日本酒の世界で活躍する女性たちのストーリーを描く。より多くの人に見てもらうため、劇場公開のための支援を募集している。

目標金額 1,500,000円

コレクター 117人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

矢崎仁司監督デビュー作「風たちの午後」のデジタルリマスター版製作を支援しよう!

2018年12月5日更新

「三月のライオン」などの矢崎仁司監督が、1980年に発表したデビュー作「風たちの午後」のデジタルリマスター版が製作されることが決定した。本作は、「女の子が女の子を好きになる」というセンセーショナルな内容で、恋愛にまだ閉鎖的だった当時の日本から生まれたことが世界中に衝撃を与えた。
16ミリフィルムで撮影されているため、映像や音声の激しい劣化があり、また使用楽曲の権利問題もあって、長い間、矢崎監督自らこの作品の上映を封印していたが、公開から40年が経とうとしている現在も、国内の映画館や海外の映画祭から上映オファーが相次いでいる背景を受けて、本作のネガフィルムを現代の高度な修復技術を駆使し、「デジタルリマスター版」として再びスクリーンに甦らせることに挑戦する。2019年春の劇場公開を目指す。

目標金額 1,500,000円

コレクター 81人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

全52件中、1~10件目を表示