ボックス!21世紀の日本映画を牽引する2人が作り上げた青春映画の新たな金字塔!
2010.11.26〔fri〕 Blu-ray&DVD RELEASE! TV、映画に引く手あまた、いまや日本映画を引っ張る新たなエースとして大注目の俳優、市原隼人と高良健吾。その2人が初めて顔を合わせたのが「ボックス!」。数々の青春映画の感動ポイントを網羅し“青春映画の新たな金字塔!”と称される本作の見どころに迫る!

日本映画の次世代エース、市原隼人 VS 高良健吾!

市原隼人と高良健吾 ─ 出演作が年間に数本公開されるという超売れっ子、いまや日本映画を牽引する次世代エースといっても過言ではない2人が共演を果たしたのが、本作「ボックス!」だ。そんな2人の出演作を下記の表にまとめてみた。ともに1987年生まれ、現在23歳の2人の道のりを確認してみてほしい。

市原隼人 1987年2月6日神奈川県生まれ:A型

「リリイ・シュシュのすべて」

 

「T.R.Y.」「黄泉がえり」

 

「偶然にも最悪な少年」「陰陽師II」

 

「チェケラッチョ!!」「天使の卵」
「虹の女神 Rainbow Song」

「ハリヨの夏」

 

「サッド ヴァケイション」
「M」「逃亡くそたわけ 21歳の夏」

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「神様のパズル」

「ひゃくはち」「蛇にピアス」

「ROOKIES/卒業」

「フィッシュストーリー」「ハゲタカ」
「蟹工船」「南極料理人」

ボックス!」「猿ロック THE MOVIE」

「BANDAGE バンデイジ」「ソラニン」
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ボックス!
「おにいちゃんのハナビ」「雷桜」「ノルウェイの森」

 

「白夜行」

高良健吾 1987年11月12日熊本県生まれ:O型
ドラマと映画を上手く絡めて、“考える前に即行動&友情に厚い熱血漢”というキャラクターを確立してきたのが市原とするなら、個性派監督のもと、数々の映画作品で“個性派俳優”としての実力を確かなものにしてきたのが高良。人気・実力ともに日本映画界においてなくてはならない存在に成長しながらも、好対照な存在でもあるこの2人が初共演を果たすだけに、この「ボックス!」は要注目作だ。

やんちゃVS優等生! 2人の魅力を最大限に引き出した役どころ!

 関西で活躍する放送作家、百田尚樹のベストセラーを映画化した本作品は、勉強は苦手だが勝ち気で天才肌のカブと気弱な優等生のユウキという幼なじみ同士が、大阪下町の高校のボクシング部を舞台に互いに切磋琢磨しあい、本当の友情に目覚めていくというストーリー。

 市原隼人が扮するのは、もちろんカブ。ファンが抱く“やんちゃな熱血漢”という彼のイメージそのままに、大声でがなり立て(見事な関西弁を披露!)、売られたケンカは必ず買うという、不良学生すれすれのキャラクターを熱演している。対する高良健吾はユウキ役。内気な優等生がカブの誘いでボクシング部に入部し、彼の背中を追いながら努力し、やがてカブに匹敵する実力を得ていく姿を演じる。

 “静と動”“陰と陽”とでもいうべき、好対照だからこそ惹かれ合い友情を深めていくカブとユウキの姿は、周りを魅了して派手に動き回る市原と、静かながらも内に秘めた想いを積み上げていく高良という2人の俳優の魅力を最大限に引き出した役柄といえそう。撮影に当たっては、元ウェルター級/スーパー・ウェルター級王者、田端信之の指導のもとに2カ月間に渡って本格トレーニング。見事に鍛えられた肉体と、吹き替えなしで挑んだ壮絶なボクシング・シーンも必見だ。

「ボックス!」に揃う傑作青春映画のポイントはここだ!

これまでに輩出されてきた傑作青春映画が持つ数々の感動ポイントを、「ボックス!」は網羅。本作が“青春映画の新たな金字塔!”と称される理由をチェックしよう。

<ライバルの存在>
青春映画で必要不可欠なのが“ライバル”。「キッズ・リターン」のシンジとマサル、「ピンポン」のペコとスマイル、そして「青い春」の九条と青木……。意識し合いながら、競い合っていく姿は“燃える”構図であり、観る者の心をヒリヒリと刺激するのだ。本作では、当初はボクシング未経験だったユウキが、カブのライバルへと成長していく。
<個性あふれる部員たち>
部活を描くなら、所属するメンバーたちが個性的なのは、もはや鉄板。「ウォーターボーイズ」「フラガール」などなど、指導する先生も含めて笑いを誘うのが傑作の条件だ。本作では、芸達者な筧利夫と香椎由宇が顧問に扮したほか、万年敗者の先輩部員が笑わせてくれる。
<下町人情>
カブとユウキの高校「恵比須」高は、いわゆる“ディープ大阪”という設定。しかもカブの実家はお好み焼き屋というコテコテの大阪・下町が舞台だ。となると、青春ストーリーに人情話が盛り込まれるのも定番のひとつ。イギリス炭鉱町を描いた「リトルダンサー」や「フル・モンティ」、東京下町の「ALWAYS 三丁目の夕日」も好例だ。同じ大阪なら、阪本順治監督の「どついたるねん」「BOXER JOE」もよい感じ。
<そして……>
ドラマを盛り上げるには、最後に控えたクライマックスが必須! 本作では、カブとユウキが相まみえる試合が待っているほか、超高校級のモンスター、稲村(演じるのはプロボクサー諏訪雅士)との最終対決が待っている。マシーンのような冷血ボクサーとの対決は「ロッキー4」のロッキーVSドラゴ戦を思わせ、戦ったライバル同士(カブとユウキ)がともにトレーニングに励む構図は、「ロッキー3」を彷彿とさせる。そして、「世界の中心で、愛をさけぶ」「恋空」などで涙を誘った要素も……。

Blu-ray & DVD情報

ボックス! Blu-ray Disc(2枚組) 発売日:2010/11/26 価格:6,300円 (税込) / 6,000円 (税別)

製作:2010年 日本 画面:16:9ビスタ[1080p Hi-Def] 仕様:カラー / 126分 / 1層 / 2枚組
音声:1.日本語ドルビーTrueHD5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーTrueHD2.0chステレオ

字幕:日本語字幕
発売元:TBS 販売元:ハピネット

購入はコチラ!

ボックス! プレミアム・エディション(2枚組) 発売日 2010/11/26 価格 5,985円 (税込) / 5,700円 (税別)

製作:2010年 日本 画面:16:9LBビスタサイズ 仕様:カラー / 126分 / 片面2層 / 2枚組
音声:1.日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーデジタル2.0chステレオ

字幕:日本語字幕
発売元:TBS 販売元:ハピネット

購入はコチラ!

ボックス! スタンダード・エディション 発売日 2010/11/26 価格 3,990円 (税込) / 3,800円 (税別)

製作:2010年 日本 画面:16:9LBビスタサイズ 仕様:カラー / 126分 / 片面2層 / 1枚組
音声:1.日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーデジタル2.0chステレオ

字幕:日本語字幕
発売元:TBS 販売元:ハピネット

購入はコチラ!

ボックス!オフィシャルサイトはこちらから