【インタビュー】金子大地×醍醐虎汰朗 近未来を描くHuluオリジナルの野心作「未来世紀SHIBUYA」での挑戦

2021年11月24日 13:00

(左から)醍醐虎汰朗、金子大地
(左から)醍醐虎汰朗、金子大地

猿楽町で会いましょう」、「サマーフィルムにのって」という今年、ミニシアター界隈をざわつかせた2本の映画が公開されたのに加え、野田秀樹作の名作舞台「パンドラの鐘」にも出演、さらに三谷幸喜の手による来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への参加も決まるなど話題作への出演が続く金子大地

そして、新海誠監督の「天気の子」の主人公・森嶋帆高の声を担当し一気に注目を浴び、来年上演される舞台版「千と千尋の神隠し」ではハク役を務めるなど、こちらも“ネクストブレイク”の呼び声の高い醍醐虎汰朗

そんな新世代の実力派の2人が、いまから15年後の2036年の渋谷を舞台に、動画配信者として暴れ回るという、全く新しいタイプのフェイクドキュメンタリー作品「未来世紀SHIBUYA」がHuluにて独占配信される。不安と疑問から始まり、出演した彼らでさえ戸惑いを覚えたという撮影、そして台本からは「想像できなかった」と口を揃える本作の驚愕の仕上がりとは――?(取材・文:黒豆直樹)

画像2

現代よりもさらに格差が拡大した2036年のシブヤ。孤児であるミツル(金子)とカケル(醍醐)は<正義マン>という名で動画配信者WeTuberとして活動し、一攫千金を目指している。そんな彼らの元には様々な事情を抱えた人々から依頼が届き、2人は動画を撮影しながら探偵のようにこうした依頼やトラブルの解決を請け負っていくのだが…。

“日本版「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」”と話題を呼んだ「ノロイ」(2005年)をはじめ、フェイクドキュメンタリーの名手として知られる白石晃士監督による本作は、あくまでも<正義マン>による動画配信という形式で展開。その中で「記憶の再生」や「移植」、「AIとの恋愛」など、15年後に本当にあってもおかしくないツールやシチュエーション、背筋が少しだけゾッとするような近未来の姿が描き出される。

画像6

最初にオファーを受け、あくまでも文字情報として本作の物語に触れた際は、金子も醍醐もそこで描かれる近未来の姿がイメージできなかったという。

金子「初めて台本を読んだ時は(仕上がりが)全く想像がつかなかったです。携帯(iPhone)で撮影するということも含めて、直前まで全然つかめない状態でクランクインを迎えました。(取材の時点で)仕上がった3話までを見せていただいたんですが『こういうことか!』と思いました。さすが白石さんの作品というか、いままでにない尖ったドラマになったのではないかなと。映像を見て、僕らはまんまと白石さんに操られていたんだなと思いましたね」

醍醐「僕も、まずオールiPhone撮影というのが衝撃的で『どうやってやるんだろう?』と思って現場に入りました。(動画配信の形式ということで)ずっと長回しの撮影で、でも役者にとっては長回しってすごく楽しかったりもするんです。現場に大きなカメラもなくて、どこか遊びに行っている感覚というか…すごくリラックスして臨めました。物語の題材にしているのが近未来ということで、『こういうものがあったらいいな』と思うツールが出てきます。それこそ、誰もが一度は夢見る“瞬間移動”ができたりとかがあって、僕はいまだに瞬間移動に憧れているので(笑)、『すごいな、これ。『ドラゴンボール』じゃん! カッコいいな!』って興奮しました」。

画像3

そんな“カッコいい”近未来が描かれる一方で、本作では半ばスラムと化した渋谷の界隈、“持てる者”と“持たざる者”の姿など、現代よりもさらに進んだ格差や断絶が随所に描かれる。そもそも、ミツルもカケルも親も学歴も金もない孤児であり、その境遇から抜け出すためにWeTuberとして活動しているのだ。そんな様々な“背景”を抱えた主人公のコンビを金子と醍醐はどのように捉え、表現したのだろうか?

金子「ミツルもカケルも親がいなくて、哀しい過去があるのですが、そうしたものを背負っていることを見せずに、常に明るく“正義マン”をやっているところが魅力だなと思いました。僕らが明るくやればやるほど、哀しく見えてくる――そうなったら面白いなと思い、それがひとつお芝居の軸としてありました。撮影に関しては、さっき虎汰朗くんが『現場に遊びに行く感覚』と言っていましたが、遊び心がないと演じられないキャラクターだったので、僕も同じように『遊びに行く』という気持ちで臨んでいました。恥ずかしさを感じたら、絶対に言えないようなセリフも多かったですし(苦笑)、この2人の間で結託して『死ぬときは一緒だ!』『やろうぜ!』という感覚でした。1カットの長回しの撮影で、1日の撮影予定が昼には終わることもあったんですが、『途中でミスをしたらまた最初からだ』とやっているうちにだんだん怖くもなってきました。自分たちで作り上げてきた芝居をしても、白石さんの中には完璧なイメージがあったので、その調整も難しかったです。“フェイクドキュメンタリー”ですが、自然なお芝居をすればいいかというとそうでもなく、白石さんの中にすでにイメージされてるお芝居があるんです。そこは難しかったです」

醍醐「僕が一番に意識したのは『ミツルが大好き!』ということで、その気持ちを真ん中に置いてカケルを作っていきました。すごくカッコつけるのが好きで、イキってるけどダサい(苦笑)! 全てが空回ってる男にしたいなと。(動画配信中という形式で)2人がずっと画面に映っているので、愛されるキャラクターにしたいなという思いもあったし、僕がカケルを見てて『生きにくいだろうな』とも感じたんですね。周りの人たちが大切過ぎて、回りが見えなくなってしまうくらいの“熱さ”を持っているキャラクターだなと思いました。普段の僕自身とは、まるっきり同じではないけど、決して反対側にいる存在でもないなと思います。僕もカッコつけるのは大好きだし、でもたぶん、空回ってるし(苦笑)。そういう意味で、すごくやりやすいキャラクターではありました。セリフもスッと入ってきて。あとは、金髪にできたのが嬉しかったです(笑)」

画像4

金子と醍醐の実年齢差は4歳。劇中でも取材の場でも、“兄弟”のような仲の良さを感じさせる。改めて互いの印象を尋ねると、2人とも、現場で垣間見た互いの意外な素顔を嬉しそうに明かしてくれた。

金子「サウナが好きでお酒も大好きで、すごくヤンチャですね。純粋でストレートにものを言うところもかわいいなと思います。とにかく『かわいいな』と思っていました(笑)。こんな弟がいたらいいなと思うくらいすごく人懐っこいんです。でも撮影中に僕が『これ、ちょっと難しいんだけど…』と相談したら『大丈夫っすよ! 全然、余裕っすよ!』という感じで明るく返してくれたので、すごく気が楽になりましたし、助けられました」

そんな“相棒”からのほめ言葉のオンパレードに「照れますね」とはにかみつつ、醍醐は金子を「“お兄ちゃん”兼“友だち”」と親しみを込めて表現し、こう続ける。

醍醐「ミツルは髪の毛が蛍光色で、衣装も女性っぽかったりするんですけど、撮影を終えて役の衣装から着替えて、鏡をのぞく瞬間の大地くんの顔を見るのが一番好きでした(笑)。髪を上げて『うん、俺、戻ったな』って感じで(笑)。それからお芝居の話で言うと、表情が素敵なんですよね。微笑みで(口角が)クッと上がるんですけど、こんなに微笑みがきれいな人がいるのかって思いました」

画像5

金子は北海道出身で、一方の醍醐は東京出身。若者文化の中心地である渋谷を舞台にした本作だが、2人にとって渋谷とはどのような場所なのだろうか?

醍醐「僕は東京出身ですけど、どちらかというと東京の郊外の田舎のほうなので、渋谷に行くとなると遠出なんですよ。だから『人が多い!』というイメージですね、スクランブル交差点を渡るのが大変で(笑)。友だちの付き添いで遊びに来て、用もないのに洋服屋に入ったりとかしてましたけど…でもそこまで僕の中で“特別感”はないんですよね。むしろ自分にとっては地方のほうが特別だったりしますね」

金子「僕自身、そこまでなじみがないんですが、常に“未完成”な街だなと思います。僕自身、田舎の出身なので、初めて行ったときはびっくりしましたね。それこそTVとかで見ていた“大都会・東京”のイメージでしたが、いざ来てみると人が多くて…。まさに“人”の街なのかもしれないですね。個性豊かな人がたくさんいますし、それこそミツルやカケルのような人もいるんじゃないかなって」

この取材の時点では全6話の本作はまだ全ては完成しておらず、白石監督が編集や様々な“仕掛け”を施しているという状況。誰よりも金子と醍醐自身が完成を楽しみにしていた。

金子「本当にどんな作品になっているのか? 想像がつかないんですが、そこがおもしろさだと思います。いきなりトラブルがあったり、事故が起きたり、いろんな要素が詰まっていて、ある意味余白が多い作品です(笑)。ツッコミどころも満載で、未来なのにチープな感じなんかもあえて入っていたり、白石監督ならではのツボみたいなものがあって、それがじわじわ来ると思います。見ていて飽きない作品になっているので、無防備に楽しんでいただければと思います」

醍醐「編集で『まだまだ攻める』と白石監督がおっしゃっていたので、本当にどんなふうに仕上がるのかわからないんですけど、僕らは親近感を持っていただけるようにとお芝居をしたので、ドラマを見るというよりも、YouTubeの配信を見る感覚で楽しんでいただければと思います。ポップな感じで描きつつ、技術の進歩で便利になることのメリットとデメリットやSNSの怖さだったり、メッセージ性も備えていて、現代の社会で刺さるものがあると思います!」

画像7

ドラマを超えた新たな映像表現の中で彼らがどのように躍動しているのか、完成を楽しみに待ちたい。

Huluオリジナル「未来世紀 SHIBUYA」(全6本)は11月26日からHuluで一挙独占配信。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 炭治郎と堕姫が激突する「鬼滅の刃 遊郭編」最新PV公開 12月5日放送の1話は1時間枠

    1

    炭治郎と堕姫が激突する「鬼滅の刃 遊郭編」最新PV公開 12月5日放送の1話は1時間枠

    2021年12月5日 21:00
  2. 新海誠作品スタッフが参加する中国アニメ、22年1月放送 豊永利行、櫻井孝宏、古賀葵が日本語吹き替え

    2

    新海誠作品スタッフが参加する中国アニメ、22年1月放送 豊永利行、櫻井孝宏、古賀葵が日本語吹き替え

    2021年12月5日 06:00
  3. 間宮祥太朗&菊池風磨、清原果耶をめぐり三角関係に! TBSドラマ「ファイトソング」で約13年ぶりに共演

    3

    間宮祥太朗&菊池風磨、清原果耶をめぐり三角関係に! TBSドラマ「ファイトソング」で約13年ぶりに共演

    2021年12月5日 04:00
  4. 加賀まりこ、54年ぶりの主演作大ヒットに感無量…撮影を支えてくれたパートナーに感謝

    4

    加賀まりこ、54年ぶりの主演作大ヒットに感無量…撮影を支えてくれたパートナーに感謝

    2021年12月5日 15:30
  5. のん監督&主演映画「Ribbon」予告編は岩井俊二監督が制作 のん「かなり影響を受けています」

    5

    のん監督&主演映画「Ribbon」予告編は岩井俊二監督が制作 のん「かなり影響を受けています」

    2021年12月5日 20:00

今週