綾野剛、横浜流星らが参戦! Netflix版「新聞記者」22年1月13日配信決定 予告編&キーアート披露

2021年11月5日 12:00

ティザーキーアート
ティザーキーアート

米倉涼子が主演するNetflixオリジナルシリーズ「新聞記者」に、綾野剛横浜流星吉岡秀隆寺島しのぶらが出演することがわかった。2022年1月13日に全世界へ同時配信されることも決定し、予告編(https://youtu.be/ikFlFJvmK6E)とキーアートが披露された。

19年6月に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画「新聞記者」。近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュな映像で、第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得。そのほか数多くの映画賞を受賞した。

今作ではNetflixと「新聞記者」「宮本から君へ」を世に放った映画会社スターサンズがタッグを組み、キャストを一新し、新たな物語として全6話で製作する。メガホンをとるのは映画版を手掛けた藤井道人監督。藤井監督は、山田能龍小寺和久とともに脚本も担当し、映画版とは異なるアプローチで現代社会の問題を浮き彫りにしていく。撮影は今村圭佑、照明は平山達弥、美術は部谷京子が担当する。

日本映画界を代表する演技派が集結
日本映画界を代表する演技派が集結

米倉が演じるのは、“新聞業界の異端児”と呼ばれる東都新聞社会部記者・松田杏奈。そして、1月公開の「ヤクザと家族 The Family」に続いて、現在放送中のドラマ「アバランチ」(フジテレビ系)でも藤井監督とタッグを組んだ綾野は、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を演じる。

一方、「青の帰り道」「DIVOC-12」などで藤井監督と組んだ横浜流星は、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役で出演する。藤井監督がNetflix版でどうしても描きたかったという新キャラクターを演じ、映画版にはなかった一般市民、特に若者の視点から物語が描かれる。

さらに、意思に反して改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也と妻・真弓を、吉岡秀隆寺島しのぶが熱演。加えて吹越満田口トモロヲ大倉孝二田中哲司萩原聖人柄本時生土村芳小野花梨橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア佐野史郎が脇を固め、骨太な物語に風格とリアリティをもたらす。

予告編は、あるひとつの国会答弁にまつわる映像から始まる。官邸記者会見で忖度なしの質問を連発する東都新聞記者・松田杏奈。エリート若手官僚として職務に邁進する村上真一。そして、政治には興味も知識もない就活中の大学生・木下亮。異なる世界に生きる3人は、世間を震撼させたあるスクープをきっかけに運命が交わり始める。圧殺される個人の意志と、それを受け継ごうと闘う人々のそれぞれの正義がせめぎ合うなか、映像は松田の「この国は変わらないといけないんです」という切実なセリフで締め括られる。

Netflixオリジナルシリーズ「新聞記者」は、22年1月13日より全世界同時独占配信。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
DIVOC-12
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン