膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできることは? 国立映画アーカイブで緊急フォーラム、10月16日開催

2021年10月1日 09:00

緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート:膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」
緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート:膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」

ビデオテープで撮られた多くの映画を失いかねない危機への警鐘を鳴らす緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート:膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」が10月16日、国立映画アーカイブ(長瀬記念ホール OZU)で開催されることがわかった。ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)の記念特別イベントとなっており、ビデオレクチャー、トークイベントなどが行われる。

フィルムからデジタルへの緩やかな移行期といえるこの50年間は、磁気テープの時代でもあった。プロの映画人からアマチュアまで無数の人々が、映画はもちろん、地域や職場、家庭で多様な記録映像を生み出してきた。だが、ユネスコはこのような警告を発している。それらの膨大なビデオ、オーディオテープの映像や音は、2025年までにデジタルファイル化されなければ、永遠に失われかねない――というものだ。

ビデオによる映画は、80年代後半以降、プロによるVシネマ、文化・記録映画、インデペンデント映画など多数あるが、それら以外にも、テレビ放送用の映画、テレビ番組、メディアアート、自主映画、ホームムービー、会社や学校、地域の記録映像など、膨大に存在している。だが、丁重にテープを保管していたとしても、動作可能な再生デッキが無くなれば、記録された映像や音は“二度と読み出せなくなる”“失ったも同然になる”のだ。

画像2

今回のフォーラムには、その危機意識をしっかりと抱き「今のうちにデジタルファイル化を始めてほしい」という思いが込められている。なお、メーカーが再生機の保守サービスを完全終了するのは、2023年3月。再生機の生産は終了しているため、“デッドライン”は2025年よりも早まる可能性もある。

国立映画アーカイブ主任研究員・冨田美香氏が、前述の内容に加えて、広く呼びかけたいと思っていることは「手元にビデオの再生機がある人は大事に使ってほしい」ということ。高校、大学の放送部、映画部、映像制作系の学校・大学には、U-マチック、Hi8、BETACAMなどの古い再生デッキが使用可能な状態で、まだまだ残っているはず。既に生産中止になって保守サービスも終わっている再生デッキの台数は、動作可能な台数は減る一方の状況だ。その貴重な再生デッキは決して捨てずに、デジタル変換の“自炊”、もしくはデジタル変換をしている専門機関に寄贈するなど有効利用を行ってほしい。

「マグネティック・テープ・アラート:膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」への参加は、事前申込制。本日10月1日の16時より、受付を開始する(料金:無料/定員:155名)。詳細は、公式HP(https://www.nfaj.go.jp/exhibition/unesco2021/)で確認できる。プログラムの詳細は、以下の通り。

<プログラム>

14時 開会挨拶

14時5分 ビデオレクチャー 「Deadline 2025 について」(※日本語字幕付き)

ユネスコと国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)が発した「Magnetic Tape Alert Project」(2019年7月~)に先鞭をつけ、磁気テープの音声・映像は 2025年までにデジタル化しなければ永遠に失われてしまう、と問題を提起したオーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)のキャンペーン「Deadline 2025: Collections at Risk(危機に瀕したコレクション)」(2015年10月~)の解説。

【講師】
ミヒャエル・レーベンシュタイン(オーストリア映画博物館長、FIAF 事務総長、オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ前CEO)

14時20分 トークイベント「磁気テープ映画原版の保管状況と課題」

最も喫緊性の高い「磁気テープの映画原版」を中心に、独立プロダクション、映画制作教育機関、公立フィルムアーカイブの報告から、デッドラインまでの限られた時間の中で“今できること・すべきこと”そして“課題”を検討する。

【登壇者】
押田興将(オフィス・シロウズ代表取締役)
奥野邦利(日本大学芸術学部映画学科教授)
松本圭二(福岡市総合図書館文学・映像課 映像管理員)
司会:冨田美香(国立映画アーカイブ主任研究員)

15時10分 休憩

15時20分 「わが映画人生 ダイジェスト・特別編」(10分)DVD上映

映画100年、日本映画監督協会50周年を機に、「先輩監督の貴重な証言を磁気テープにおさめ、監督協会に永久保存する」と、当時の第一線の監督たちが手弁当で作ったインタビュー映画シリーズ(1988年~)を、磁気テープの貴重な映画遺産の例として紹介。

【挨拶】
崔洋一(日本映画監督協会理事長)

15時35分 トークイベント「磁気テープ映画のデジタルファイル化と保存について」

再生機の保守サービスが2023年3月終了と明らかになった2014年以降、危機回避に向けて多様な分野におよぶ磁気テープ保管者に積極的にデジタルファイル化を働きかけてきたポスト・プロダクション、ラボ、倉庫会社の報告を中心に、国内の現状、マイグレーションまで含めた保存のあり方を検討する。

【登壇者】
鈴木伸和(株式会社東京光音、視聴覚アーキビスト)
藤原理子(株式会社 IMAGICA エンタテインメントメディアサービス メディア営業部 フィルム・アーカイブ営業グループ)
緒方靖弘(寺田倉庫株式会社アーカイブ事業グループ)
司会:三浦和己(国立映画アーカイブ研究員)

16時25分 終了

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 音尾琢真が秀吉、斎藤工が家康! 木村拓哉が信長演じる「レジェンド&バタフライ」に参戦

    1

    音尾琢真が秀吉、斎藤工が家康! 木村拓哉が信長演じる「レジェンド&バタフライ」に参戦

    2022年10月6日 07:00
  2. 高橋海人「Dr.コトー診療所」で新米医師を熱演! 強い覚悟と決意にじませる

    2

    高橋海人「Dr.コトー診療所」で新米医師を熱演! 強い覚悟と決意にじませる

    2022年10月6日 20:30
  3. 朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロイン・福原遥の出演映画まとめ 声優としても話題作で活躍

    3

    朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロイン・福原遥の出演映画まとめ 声優としても話題作で活躍

    2022年10月6日 08:15
  4. 全興連「映画館へ行こう!」キャンペーンがスタート 映画館の魅力を伝える新キャラクター誕生&PR動画公開

    4

    全興連「映画館へ行こう!」キャンペーンがスタート 映画館の魅力を伝える新キャラクター誕生&PR動画公開

    2022年10月6日 05:00
  5. ソン・ガンホ× イ・ビョンホン「非常宣言」23年1月6日公開 飛行機内で発生したウイルステロの恐怖を描く

    5

    ソン・ガンホ× イ・ビョンホン「非常宣言」23年1月6日公開 飛行機内で発生したウイルステロの恐怖を描く

    2022年10月6日 13:00

今週