ザック・スナイダー監督、SF映画「Rebel Moon」で独自のユニバース構築へ

2021年7月19日 11:00

ザック・スナイダー監督
ザック・スナイダー監督

Netflix映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」を手がけたザック・スナイダー監督が、Netflix向けに新作映画「Rebel Moon(原題)」を手がけることになった。

「Rebel Moon(原題)」は、銀河系のかなたにある平和なコロニーを舞台に、バリサウルスと呼ばれる支配者からの侵攻に立ち向かうため、近隣の惑星から戦士を選抜して戦うというストーリー。

スナイダー監督は、米ハリウッド・レポーターの取材に対し「これは、黒澤明監督ファン、『スター・ウォーズ』ファンとして育った自分自身の物語です」と説明。「自分のSFや大作映画へのラブレターです。これが人気知的財産となり、独自のユニバースが構築できるようになることを望んでいます」と展望を明かした。

スナイダー監督は、「300 スリーハンドレッド」でタッグを組んだ脚本家のカート・ジョンスタッド、「アーミー・オブ・ザ・デッド」の脚本家シェイ・ハッテンと脚本を共同執筆する。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン