剣心と薫、10年で育んだ強い絆――「るろうに剣心 最終章」TVスポット2種がお披露目

2021年4月15日 12:00

新場面写真も公開!
新場面写真も公開!

佐藤健が主演する「るろうに剣心 最終章 The Final」の新場面写真、TVスポット「告白編」「剣心×薫編」が、このほどお披露目された。

和月伸宏氏の人気漫画を、大友啓史監督が実写映画化した本シリーズ。「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」に続く“最終章”では、原作とアニメにおける「人誅編」と「追憶編」をもとにした物語を紡ぐ。「るろうに剣心 最終章 The Final」では中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人・縁(新田真剣佑)との死闘を描き、剣心(佐藤)の“十字傷”の秘密を明かす「るろうに剣心 最終章 The Beginning」へと続いていく。

「告白編」は、剣心が惨殺した元妻・雪代巴(有村架純)の弟であり、剣心に強い恨みを持つ雪代縁との死闘にフォーカスを当てた仕上がりに。姉が惨殺される瞬間を目撃した縁は大人になり、剣心の全てを奪おうと東京を襲撃。剣心が生み出してしまった“最恐の敵”が恨みの力で繰り出す獰猛な剣、縁の気持ちを受け止める剣心の剣がぶつかり合うシーンはただただ圧巻。己の過去と向き合う剣心の戦う姿は、シリーズの中でも屈指の“エモーショナルなアクション”となっている。

「剣心×薫編」は、剣心と薫(武井咲)の2人をフィーチャーした内容。剣心の知られざる過去を知った薫は、平穏な未来のため、改めて剣心を支えようと決意。一方の剣心も“帰るべき場所”があり、薫が待ってくれているからこそ、最後まで倒れず戦い抜くことを心に誓う。過去と向き合い、薫とともに未来を生きようとする剣心の「ありがとう」という言葉に、2人がこれまで歩んできた10年間の全てが詰まっている。

武井は、今回の薫の役作りについて「前作の撮影から5年という年月はありましたが、『るろうに剣心』の世界では、剣心と薫が神谷道場で日常を過ごしている、というのを意識して撮影に臨んでいました」と説明。

やがて、剣心の過去を知る薫についての思いを打ち明けた。

武井「剣心が巴さんを斬った、という過去を聞いて薫は強烈な衝撃を受けることになります。その中で、この時代の女性がどういう風に考えるのか、ということを大切にしていました」

また、薫の気持ちについて「剣心の過去を知ったからと言って、今までの剣心と薫の時間が無くなるわけではなくて、それをどう受け入れていくのか、薫が剣心を見て思う気持ちを大事にしながら演じました」とコメントを寄せている。

るろうに剣心 最終章 The Final」は4月23日、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は6月4日から公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』10周年記念特別映像
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース