新田真剣佑、主演作のヒット祈願で大吉引き当てる「最高」

2021年2月11日 18:13

ヒット祈願を行った
ヒット祈願を行った

俳優の新田真剣佑が2月11日、東京・上野東照宮で行われた単独初主演作「ブレイブ 群青戦記」の大ヒット祈願イベントに出席。おみくじで大吉を引き当て、「最高ですね」と笑顔を見せた。

「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載されていた笠原真樹氏の人気コミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を実写映画化。ある日突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の生徒たちが、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を駆使しながら、戦乱を生き延びるために奮闘するさまを描く。

画像2

この日は、主人公・西野蒼(新田)たちを導く松平元康(徳川家康)がまつられる同所でヒット祈願が行われ、新田のほか、山崎紘菜鈴木伸之(劇団EXILE)、渡邊圭祐、メガホンをとった本広克行監督が登壇した。

作品について、新田は「日本版『アベンジャーズ』だなって。(鈴木演じる)考太がアイアンマンなんです。僕たちを引き連れて、よし行くぞっていうシーンがすごくかっこいい」と絶賛。「嬉しいです」と照れ笑いした鈴木は「すごくグッときて、堪えないと涙がこぼれそうな箇所が多々ありました。高校生たちの今に全力を懸ける姿が印象的で、すべての人に共感してもらえるメッセージがある」と本作の魅力を熱弁した。

画像3

おみくじでは、本広監督が「小吉」、渡邊が「大吉」、鈴木が「中吉」、山崎が「吉」の結果に。最後を飾った新田が大吉を引き当てると、山崎らは「持ってる」と驚き、新田は「願い事、思うように運ぶって書いてある。争い事勝つ」とじっくりおみくじを読み込むと、「嬉しいな」と満面の笑み。

最後に、新田は本作について「最高の映画でした。今も今後も一生大好きな作品になりました。『戦国自衛隊』っていう似ている映画がありますが、僕の世代は見たことがないような作品だと思います」と、父・千葉真一の作品名をあげ、「ユニークなアクションや、人と人とのつながり、絆が描かれている映画です。みんなの成長を見てください」とアピールした。

ブレイブ 群青戦記」は3月12日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ブレイブ ‐群青戦記‐
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース