「コナン」再起動される神回は「ピアノソナタ『月光』殺人事件」 OP曲は倉木麻衣

2021年2月3日 16:00

新たな旋律で「ピアノソナタ『月光』殺人事件」がよみがえる
新たな旋律で「ピアノソナタ『月光』殺人事件」がよみがえる

テレビアニメ「名探偵コナン」の放送1000回記念プロジェクト「再起動される神回を当てろ!」で再起動(リブート)されるエピソードが、1996年4月8日に放送された「ピアノソナタ『月光』殺人事件」に決定した。同エピソードの場面写真1000枚を使用したコラージュビジュアルも公開されている。

「再起動される神回を当てろ!」は、シリーズのなかで神回と言われているエピソードを最新技術によって“新たに作りなおす=再起動”するプロジェクト。リブートされるエピソードのヒントが盛り込まれた6枚のコラージュビジュアルが公開され、SNS上で「#コナン神回」のハッシュタグをつけて神回を予想する企画も行われていた。

「ピアノソナタ『月光』殺人事件」は、コナンが犯人を推理で追い詰め、死なせてしまった唯一のエピソード。コナンが「たとえ犯人であっても死なせてはいけない」と心に決めた、重要な事件でもある。米倉功人プロデューサーは「『名探偵コナン』に関わるひとりの人間として、伝説の神回の『再起動』に携われた事を幸せに感じます。おそらく関係者全員、声にはしませんがそのように思っています」と、プロジェクトへの思いを明かしている。

再起動にあたり、本エピソードを象徴する楽曲、ルートビヒ・バン・ベートーベン作曲の「月光ソナタ」も新たに収録される。14歳でCDデビューを果たし、世界的な賞を受賞しているピアニスト・小林愛実の奏でる旋律にのせて、“涙なしでは見られないあのシーン”がよみがえる。公式サイトでは、視聴者参加型の企画として「#コナン月光チャレンジ」が始動している。

リブート版「ピアノソナタ『月光』殺人事件」は、前後編エピソードとして3月6、13日に放送される。6日放送回からのオープニング曲は、本シリーズのオープニングやエンディングを多数担当している倉木麻衣による楽曲「ZEROからハジメテ」を起用。同曲は、放送1000回放送に合わせて、倉木が歌詞を書き下ろした。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース