コロナ禍で北米総興収が前年比8割減 過去40年間で最低

2021年1月6日 12:00

過去40年間で最低……
過去40年間で最低……

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年の北米の年間興収が前年比8割ダウン、全世界では前年比7割ダウンしたことが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

米メディア調査会社のコムスコアによると、20年1月1日~12月31日に販売されたアメリカ、カナダの映画チケットの総売上は、推定23億ドル。前年の114億ドルから急落しており、少なくとも過去40年間で最低の年間興収となった。

北米市場では、新型コロナウイルスが猛威をふるい始めた3月下旬から主要都市の大半の劇場が閉鎖され、大作映画のほとんどが公開延期かストリーミング配信に切り替えられている。

全世界年間興収は115~120億ドルになるとみられ、こちらも前年の425億ドルから激減している。市場別では、中国が年間興収27億ドルでナンバーワン。ただし、中国市場も新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年比7割ダウンとなっている。

20年は新型コロナウイルスによる大打撃を受けた映画館だが、現在欧米でワクチン接種が始まるなど、21年は明るい兆しが見えている。また、21年4月には「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」、5月には「ブラック・ウィドウ」「ゴジラVSコング(仮題)」「ワイルド・スピード ジェットブレイク」といった大作の世界公開が控えている。

コムスコアのアナリストも、「2021年は、映画興行の歴史のなかでもっとも重要な年になるでしょう」と期待を寄せている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 極道兵器
  • デッドボール
  • WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス
  • メランコリック
  • シライサン
  • ファンタズム
  • ファンタズムⅡ
  • ファンタズムⅢ
  • ファンタズムⅣ
  • ファンタズムV ザ・ファイナル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 赤楚衛二×町田啓太「チェリまほ」映画化! 「全てチェリまほを愛して下さった皆様のおかげです」

    1

    赤楚衛二×町田啓太「チェリまほ」映画化! 「全てチェリまほを愛して下さった皆様のおかげです」

    2021年11月29日 05:00
  2. 山崎貴監督「おばけずかん」を映画化! 新垣結衣×神木隆之介×城桧吏らが参戦

    2

    山崎貴監督「おばけずかん」を映画化! 新垣結衣×神木隆之介×城桧吏らが参戦

    2021年11月29日 04:00
  3. 阪本順治監督オリジナル脚本、伊藤健太郎主演「冬薔薇」 2022年6月公開

    3

    阪本順治監督オリジナル脚本、伊藤健太郎主演「冬薔薇」 2022年6月公開

    2021年11月29日 07:00
  4. Creepy Nuts、「浅草キッド」にカメオ出演 “師匠”を語るインタビュー映像公開

    4

    Creepy Nuts、「浅草キッド」にカメオ出演 “師匠”を語るインタビュー映像公開

    2021年11月29日 08:00
  5. リーアム・ニーソン主演、探偵フィリップ・マーロウ描く新作に豪華キャスト

    5

    リーアム・ニーソン主演、探偵フィリップ・マーロウ描く新作に豪華キャスト

    2021年11月29日 10:00

今週