「ダウントン・アビー」女優キャサリン・ステッドマンが心理スリラードラマの脚本を執筆

2020年9月18日 15:00

キャサリン・ステッドマン
キャサリン・ステッドマン

[映画.com ニュース] 心理スリラー小説「The Ex-Wife(原題)」が、ドラマ化されることがわかった。人気ドラマ「ダウントン・アビー」の女優で、小説「Something In The Water(原題)」のベストセラー作家でもある、キャサリン・ステッドマンが脚本を手がける。

ジェス・ライダー著の原作「The Ex-Wife(原題)」は、夫と幼い娘と幸せに暮らす新婚のナターシャは、夫の前妻ジェンが干渉してくることだけが唯一の悩みだった。ある日、夫と娘が姿を消し、ジェンはナターシャに捜索の協力を申し出るが、果たしてジェンを信じて良いものなのか、というストーリー。「ゴーン・ガール」や「ガール・オン・ザ・トレイン」に似たテイストの作品になるという。

米Deadlineによれば、ステッドマンはすでにドラマ版の草稿を執筆しており、本作で脚本家デビューを飾る。英ブラックボックス・マルチメディアと独ナイト・トレイン・メディアが共同制作する。

ステッドマンは女優として「ダウントン・アビー」のほかに、映画「砂漠でサーモン・フィッシング」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」などに出演している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com