「エイリアン」続編製作か? リドリー・スコット監督が意欲

2020年9月10日 11:00

リドリー・スコット監督
リドリー・スコット監督

[映画.com ニュース]ヒットメーカーのリドリー・スコット監督が、「エイリアン」シリーズの新作に意欲を燃やしていることが明らかになった。

スコット監督は現在、米ストリーミングサービスHBO Max向けのSFドラマ「Raised by Wolves(原題)」の制作総指揮を担当。最初の2話の演出も手がけている。同作の宣伝のために米フォーブス誌の取材を受けたスコット監督は、「エイリアン」シリーズの新作について聞かれると、「現在進行形だ」と即答した。

スコット監督はシリーズ第1作「エイリアン」(1979)を手がけたのち、前日譚となる「プロメテウス」(2012)を発表。2017年には続編「エイリアン コヴェナント」を手がけているが、興行成績が芳しくなかったために、予定していた「プロメテウス」シリーズ第3弾の製作計画は頓挫している。

エイリアン」シリーズへの興味について聞かれたスコット監督は、「『プロメテウス』と『コヴェナント』で、『エイリアン』シリーズを再発明するルートを辿った」とコメント。「あの続きに直接戻ることができるかどうかは疑問だ」と言いつつ、「『エイリアンやフェイスハガー、チェストバスターは、すべて勢いを失ってしまったのか?』という根本的な疑問を自分に問いかけている。すべてを再考したり、『エイリアン』という名前だけを残した新シリーズをやるべきか、常に考えている」と率直に語った。

また、今年はじめに受けた米ロサンゼルス・タイムズ紙の取材に対しても、「『エイリアン』にはまだ多くのマイレージが残っていると思う」と返答していることから、「エイリアン」シリーズにまだ未練があるようだ。

なお、スコット監督の最新映画はマット・デイモンベン・アフレック共演の「The Last Duel(原題)」。エリック・ジャガーのノンフィクション本「The Last Duel: A True Story of Crime, Scandal, and Trial by Combat in Medieval France(原題)」の映画化で、中世のフランスを舞台に決闘を行うことになる親友ふたりの物語だ。主人公が戦地に行っているあいだに、妻が親友によって強姦されたことが発覚。復しゅうを果たすため、主人公はフランス王に決闘による決着を懇願する。その結果、ふたりはフランスで法的に許された最後の決闘を行うことになる、というストーリーだ。新型コロナウイルスの感染拡大で製作が中断されているが、間もなく再開する見込みだという。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com