多部未華子、岩田剛典が訳ありの関係…!? 大森南朋らイケおじが癒しの存在に「空に住む」場面写真公開

2020年9月8日 14:00

多部未華子が主人公の揺れ動く心を丁寧に演じる
多部未華子が主人公の揺れ動く心を丁寧に演じる

[映画.com ニュース]多部未華子が主演し、青山真治監督(「EUREKA ユリイカ」「東京公園」)が7年ぶりに挑む長編映画「空に住む」の場面写真11点が公開された。主人公・直実を取り巻く訳ありの人物を演じた岩田剛典岸井ゆきの美村里江に加え、癒しの存在として登場する鶴見辰吾大森南朋永瀬正敏らの姿が切り取られている。

郊外の小さな出版社に勤める28歳の直実は、両親の急死で叔父夫婦の住むタワーマンションの高層階で暮らすことになる。現実を受け止めきれないまま、慣れない場所で長年の相棒・黒猫ハルと毎日を過ごしていたが、ある日、同じマンションに住むスター俳優の時戸森則と出会う。

原点は、作詞家・小竹正人氏による同名小説(講談社刊)と、原作とともに誕生した「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の楽曲「空に住む Living in your sky」。青山監督のメガホンのもと、映画版では異なる境遇でそれぞれに悩みを抱える女性たちの姿が描かれる。

公開された場面写真は、登場人物たちの様々な表情が映し出されている。感情を表に出すことが得意ではない直美は、どこか虚ろな表情を浮かべる。直実の後輩で妊婦の愛子(岸井)は天真爛漫な笑顔の裏に複雑な問題を抱え、直実の叔母・明日子(美村)もセレブ生活を送りながら、叶えられない望みがあった。

直実と逢瀬を重ねる人気俳優・時戸(岩田)も、実態がつかめない空気のような存在として登場する。エレベーターで偶然スターと出会い、恋に落ちるというおとぎ話のような展開も、青山監督の手にかかれば単なる夢物語では終わらない。心の内が見えない時戸に、直美は次第に不安を募らせていく。

多部との共演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」で注目を集めた大森は、小説家役で登場。直美の叔父役の鶴見、謎の男を演じる永瀬、出版社の社長役の岩下尚史、上司役の高橋洋、マンションのコンシェルジュ役の柄本明の写真もお披露目となった。

空に住む」は、10月23日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース