ロバート・ダウニー・Jr..制作ドラマ「ペリー・メイスン」がシーズン2へ更新

2020年8月15日 16:00

「ペリー・メイスン(原題)」の一場面
「ペリー・メイスン(原題)」の一場面

[映画.com ニュース]米有料チャンネルHBOが、ロバート・ダウニー・Jr.が制作総指揮に名を連ねる新ドラマ「ペリー・メイスン(原題)」をシーズン2へ更新することを決定した。

同作は、E・S・ガードナーの推理小説「ビロードの爪」に初登場し、その後、多くの作品に登場する辣腕弁護士ペリー・メイスンを題材としたドラマ。1957~66年には米CBSでレイモンド・バー主演の「弁護士ペリー・メイスン」が放送。その後、85~95年にテレビムービーシリーズとして「新・弁護士ペリー・メイスン」が放送されている。本ドラマは、舞台を1931年の米ロサンゼルスに設定し、若き日のメイスンを描く前日譚という位置づけになっている。

「ボードウォーク・エンパイア」や「Weeds ママの秘密」を手がけたロリン・ジョーンズとロン・フィッツジェラルドが企画・制作総指揮を手がけ、当初メイスン役を演じる予定だったダウニー・Jr.と妻のスーザン・ダウニーも制作総指揮を務める。主人公メイスン役は、ダウニー・Jr.と交友のあるマシュー・リス(「ジ・アメリカンズ」)が務め、メイスンの恩師であり弁護士のE・B・ジョナサン役をジョン・リスゴー(「スキャンダル」)、カリスマの宣教師役をタチアナ・マスラニー(「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」)が演じている。

HBOは当初、「ペリー・メイスン(原題)」を8話完結のリミテッドシリーズとして発注していたが、同局の新ドラマの視聴者数(「ウォッチメン」150万人、「The Outsider」120万人)を超えて、視聴者数170万人という好成績でデビューを飾ったため、方向転換した模様だ。

シーズン2への更新決定に伴い、HBOは声明を発表。「視聴者は毎週、1930年代のロサンゼルスにタイムスリップすることを楽しんでいます。次のシーズンでも、継続してこのドラマをお届けできることを喜んでいます」と意気込みを語っている。

「ペリー・メイスン(原題)」シーズン1最終話は、8月9日(現地時間)に全米放送される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース