トム・クルーズが宇宙ロケに挑む野心作、製作費は2億ドル規模に ユニバーサルが獲得

2020年8月4日 11:00

トム・クルーズ
トム・クルーズ

[映画.com ニュース] トム・クルーズが宇宙で撮影を行う前代未聞の意欲作を、米ユニバーサル・ピクチャーズが獲得したと米Deadlineが報じている。

タイトル未定の同作は、宇宙輸送を業務とするスペースXとアメリカ航空宇宙局(NASA)の協力を経て、宇宙で撮影を行う野心作。詳しい内容は不明だが、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「バリー・シール アメリカをはめた男」でタッグを組んだクルーズとダグ・リーマン監督はこの企画を以前からあたためてきたとのことで、現在リーマン監督が自ら脚本を執筆中だ。

このほど、クルーズはユニバーサルの重役とZoomミーティングを実施。リーマン監督やストーリーアドバイザーとして参加するクリストファー・マッカリー監督(「ミッション:インポッシブル」シリーズ)らが同席したプレゼンテーションに感心したユニバーサルは、脚本が完成していないにもかかわらず、製作費が2億ドル規模となる同作の製作にゴーサインを出したという。

なお、クルーズとリーマン監督は、5月末に米フロリダで行われたスペースX初の民間有人飛行の打ち上げを見学。スペースXのCEOであるイーロン・マスク氏が本企画に関わっているとも言われている。

クルーズは新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が中断している「ミッション:インポッシブル7(仮題)」と「ミッション:インポッシブル8(仮題)」の製作再開を優先させながら、本作の準備を進めていくことになりそうだ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com