“超ダメ夫”濱田岳に“超恐妻”水川あさみの毒舌が止まらない!「喜劇 愛妻物語」予告

2020年7月22日 10:00

本ビジュアルもお披露目!
本ビジュアルもお披露目!

[映画.com ニュース] 濱田岳水川あさみが、結婚10年目を迎えた倦怠期の夫婦を演じる「喜劇 愛妻物語」の本ビジュアルと予告編が、このほどお披露目された。

百円の恋」で知られる脚本家・足立紳が監督と脚本を担い、自身の夫婦生活を赤裸々につづった小説「乳房に蚊」(幻冬舎文庫刊)を自ら映画化。いつまでたっても売れる見込みがなく、年収50万円の脚本家・豪太(濱田)と、そんな情けない夫に絶望している酒好きの妻チカ(水川)が織りなす愛憎劇を、痛快かつコミカルに描き出す。第32回東京国際映画祭では、最優秀脚本賞に輝いた。

本ビジュアルは、超ダメ夫・豪太の呑気な笑顔、超恐妻・チカの呆れ顔を上下に、新津ちせちゃんが演じる愛娘・アキの無垢な笑顔が挟まれ、にぎやかな家族の様子が凝縮された仕上がり。下部には、豪太とチカのコミカルなやり取りが映されており、「いや、ため息じゃなくて息しただけだから」(豪太)、「息もすんな」(チカ)、「死んじゃうじゃん(苦笑)」(豪太)といった辛らつな会話や、「マッサージでもしようか?」(豪太)、「言っとくけどセックスなんかしないからね」(チカ)といった互いへの不満や願いを抱きながらぶつかり合う姿が切りとられている。

予告編は、豪太、チカ、アキが“うどん県”こと香川を旅するシナリオハンティングの様子を活写。久々の家族旅行にも関わらず、行く先々で豪太とチカの喧嘩が勃発。チカがすり寄る豪太に「しつこいんだよ」「消えろ」と跳ねのけたかと思えば、道中でもトラブルばかり起こす豪太に怒り心頭で「もう一緒に居たくない! 顔も見たくない! マジ死んで欲しい!」となじる様子が映し出されている。

喜劇 愛妻物語」は、9月11日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース