狂暴なサメの恐怖描く「ディープ・ブルー3」10月デジタル配信! 蒼れいな、ハリウッドデビュー

2020年7月17日 09:00

10月にデジタル配信
10月にデジタル配信

[映画.com ニュース] 大ヒットしたサメ映画シリーズの最新作で、女優の蒼れいながメインキャストとして参加しハリウッドデビューを飾った「ディープ・ブルー3」。10月7日から先行デジタル配信され、10月9日にブルーレイとDVDが発売、レンタルされることが決定。あわせて、予告編(https://youtu.be/tN_YTRQUO5I)もお披露目された。

容赦なく迫りくるサメの恐怖を描いた「ディープ・ブルー(1999)」と「ディープ・ブルー2」(2018)に続くシリーズ第3弾。遺伝子操作によって高度な知識を持った、極めて危険なサメ・ベラから誕生した3頭の人食いオオメジロザメが、逃げ場のない海上で人々に襲いかかるサバイバルアクションを紡ぐ。姉・あんなとともに双子タレントとして活躍する蒼(「古都」)が、300人の候補の中からオンラインオーディションを勝ち抜き、日本人科学者ミヤ・サトウを全編英語で演じた。さらに、タニア・レイモンド(「LOST」)が主人公のエマ・コリンズ博士、ナサニエル・ブゾリック(「ヴァンパイア・ダイアリーズ」)がエマの元恋人リチャード・ローウェルに扮した。

全編英語でメインキャストの科学者役を熱演した蒼れいな
全編英語でメインキャストの科学者役を熱演した蒼れいな

物語の舞台は、沖合にぽつんと浮かぶ人口の島“小さな楽園(リトル・ハッピー)”。恵み豊かな島では、エマ率いる研究チームが、繁殖にやってくるホホジロザメの生態を観察していた。ある日、3匹の人喰いオオメジロザメを追うリチャードが島にやってくる。母親ベラから殺しの遺伝子を受け継いでいる狂暴なサメたちにより、犠牲者は次々に増えていく。

蒼が体現したミヤは、研究チームで常にモニターをチェックし、海中のスタッフを安全に目標へと導く存在で、仲間でもある恋人との関係も良好な女性という役どころ。真面目な性格の一方で、ふと日本語で暴言を呟く一面もあるなど、チャーミングなキャラクターを体現した。南アフリカ・ケープタウンでの撮影で印象的だったことについて、蒼は「アフリカの全く水のない大地に撮影用に実際に潜れるくらいの深さの海や、村を造っていたことですね」と述懐。「撮影ではほとんど頭から爪先までびしょびしょに濡れていたので、風の強いケープタウンでは寒かったです!」と語った。

ディープ・ブルー3」は10月7日から先行デジタル配信され、10月9日にはブルーレイ(税込2619円)とDVD(税込1572円)が発売、レンタルも開始。詳細は、公式サイト(https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=57195)で確認できる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ザ・ウォード 監禁病棟
  • プラネット・テラー in グラインドハウス
  • デス・プルーフ in グラインドハウス
  • エヴァリー
  • アメリカン・ドクターX
  • トランストリップ
  • EVA<エヴァ>
  • ドリームハウス
  • ルール6
  • オール・チアリーダーズ・ダイ
OSOREZONE

Powered by 映画.com