長澤まさみ、リモート舞台挨拶は「新鮮」 難役への複雑な心境も明かす

2020年7月6日 14:00

難役への思いを明かした長澤まさみ
難役への思いを明かした長澤まさみ

[映画.com ニュース] 実話をベースにした「MOTHER マザー」の舞台挨拶が7月4日、都内で行われ、主演の長澤まさみ奥平大兼阿部サダヲ郡司翔浅田芭路大森立嗣監督が出席。全国5大都市15劇場をつなぐリモート形式で実施され、長澤は「普段は1カ所でしか舞台挨拶ができないので、今回は逆に新鮮で。こうやってたくさんの方々とつながれるのが嬉しいです」と笑顔で話した。

実際に起きた“少年による祖父母殺害事件”に着想を得た本作。自堕落で奔放なシングルマザーの秋子を演じた長澤は「共感しようと思っても、最後までできなかった」と述べ、「本当に、この作品を手放していいのか」「ここまで後ろ髪引かれる感覚になる作品は初めてだった」と、複雑な胸中を告白する。

画像2

精神的にもハードな撮影となったが、撮影中は子役の郡司と浅田の存在に救われたそう。「子役の子たちは素直で純真無垢で誠実なお芝居をするので、子どもたちのおかげで、私が役柄に対して悩んでる不安な思いには引っ張られず、本当に救われました。子どもたちから教わる事もあるんだな、と実感しながら秋子を演じてたように感じます」と撮影を振り返った。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース