今秋公開「実りゆく」の題字を爆笑問題・太田光が執筆、クラウドファンディングも開始

2020年6月12日 06:00

爆笑問題・太田光が執筆した題字
爆笑問題・太田光が執筆した題字

[映画.com ニュース] 長野県下伊那郡松川町を舞台に描く映画「実りゆく」が完成。完成にあわせて爆笑問題の太田光が執筆したタイトル題字が公開された。

作品は、若手漫才コンビ・まんじゅう大帝国が初出演し、芸能事務所タイタンのマネージャー・八木順一朗が初監督した“りんご”と“笑い”の異色の青春映画。長野県のりんご農家の後取りとして生まれた実(みのる)は、母親の死後、父親と2人で農園を切り盛りし、週末になると東京へと通い、お笑いライブに出演していた。りんごに背き、夢に突き進む実には、ある強烈な思いがあった。やがて訪れる、運命の日。人生をかけたステージで、実は夢を実らせることができるのか。

画像2

主演の実役をまんじゅう大帝国の竹内一希。相方の田中永真も重要な役どころで出演している。国立演芸場令和元年度「花形演芸大賞 」銀賞を受賞している期待の新鋭コンビだ。脚本も手がけた八木監督は、日本大学藝術学部映画学科を卒業後にタイタンに入社し、爆笑問題、橋下徹辻仁成などのマネージャーを務め、本作が念願の初監督作品となる。

未だ存在しない映画の予告編だけを制作し、グランプリには映画化の権利が与えられるという「MI-CAN 未完成映画予告編映画大賞」(https://mi-can.com/)の第3回大会(2018年)に出品した「実りゆく長野」が“堤幸彦賞”を受賞。主演の竹内も“MI-CAN男優賞”を受賞したことで本編を望む声が高まり、竹内×八木監督のタッグで本編の撮影を開始し、ついに映画が完成。タイトルを「実りゆく」に改め、2020年の秋に公開される運びとなった。本作は、昨年の台風19号での豪雨被害から復興する長野県の魅力を伝えたいとの思いも込めて製作されている。

画像3

本人役で特別出演する太田は、八木監督のために題字を執筆し、「書く前日にナイアガラの滝に打たれ心を清め、心の中で『波濤万万にして、雲山幾千ぞ。来ること我が力に非ず、帰ること我が志に非ず』と唱えつつ一息に書いた」とコメントも寄せている。

共演には、長野県出身の田中要次をはじめ、三浦貴大鉢嶺杏奈小野真弓山本學といった個性派、演技派、ベテラン俳優陣が集結。さらに本人役で島田秀平、爆笑問題の田中裕二も特別出演している。

画像4

なお本作は、舞台である長野と東京をメインに公開を予定しているが、全国、さらに世界へ届けるための支援を募集するクラウドファンディングを6月12日よりMotionGalleryでスタート(https://motion-gallery.net/projects/minoriyuku)。支援者には、映画のエンドロールへの名前記載や本編に登場する長野県のりんご、主題歌を担当する長野県出身アーティスト(後日発表)のサイン入りポスターなど様々な特典を準備している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

MotionGallery プロジェクト詳細

関連ニュース