外山文治監督が描く、村上虹郎&芋生悠の逃避行 豊原功補&小泉今日子プロデュース「ソワレ」特報

2020年5月29日 12:00

豊原、小泉、外山監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」第1回目プロデュース作品
豊原、小泉、外山監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」第1回目プロデュース作品

[映画.com ニュース]村上虹郎芋生悠(いもう・はるか)がダブル主演を務め、外山文治監督がメガホンをとるオリジナル映画「ソワレ」が晩夏に公開されることが決定し、特報映像とティザービジュアルがお披露目された。

此の岸のこと」がモナコ国際映画祭2011の短編部門で5冠を獲得し、「燦燦 さんさん」がカナダの第38回モントリオール世界映画祭に正式招待された外山監督の最新作。豊原功補小泉今日子、外山監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の第1回目のプロデュース作品となっている。

実力派俳優・村上、100人以上のオーディションから大抜擢された芋生に加え、岡部たかし康すおん塚原大助花王おさむ田川可奈美江口のりこ石橋けい山本浩司らといったキャスト陣も出演。役者を目指し上京した若者・岩松翔太(村上)は、生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えることになった。やがて、ある事件をきっかけに、そこで働く山下タカラ(芋生)と先の見えない逃避行を始める。

ティザービジュアルもお披露目
ティザービジュアルもお披露目

特報は、翔太とタカラが必死に何かから逃げ続ける焦燥感あふれる様子や、身を潜めた民家でひっそりとラジオを聞き、虚ろな表情をみせる姿などを活写。ラジオから流れているのは「How many times did I kiss you?」というタイトルの楽曲。この曲は、音楽監督・亀井登志夫と、詩人でアーティストの妻である故・亀井知永子さんの共作によるものだ。

知永子さん闘病の折に、病室のベッドで歌詞を書き上げ、枕元でメロディを作ったそうで、2人が歩んできた道のりを振り返るかのようなラブソングとなっている。知永子さんの最後の作品となった曲について、外山監督は「(初めて聞いた時)もし永遠というものがあるならこういうことをいうのだろうと心が震えました」と語っている。

ティザービジュアルは、辛い現実から目を逸らすかのように俯いたままの翔太とタカラが“逃避行”へと突き進む一瞬をとらえたもの。タイトルの「ソワレ(soiree)」とは、フランス語で“陽が暮れた後の時間”“夜会”、または劇場用語で“夜公演”を意味しているもの。プロデューサーの豊原氏は、誰もが心の奥底に秘める癒えることのない傷や大切な想いを「一夜かぎりのソワレ(夜会)に閉じ込め、次のまた新しい朝を迎え歩き出す」というメッセージを込めたと明かしている。

ソワレ」は、20年晩夏に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース