リース・ウィザースプーン、Netflixの新作ラブコメ2作品に出演へ

2020年5月27日 16:00

リース・ウィザースプーン
リース・ウィザースプーン

[映画.com ニュース]近年はプロデューサーとしての活躍も目立つ女優のリース・ウィザースプーンが、Netflixの新作ラブコメ「Your Place or Mine(原題)」と「The Cactus(原題)」の2作品で主演と製作を務めることがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」(HBO)、「ザ・モーニング・ショー」(Apple TV+)、「Little Fires Everywhere(原題)」(Hulu)の人気ドラマ3作品で主演と制作総指揮を兼ねるウィザースプーンは、Netflixと初めてタッグを組むにあたり、「テッド・サランドス率いるNetflixの素晴らしい製作陣と仕事をする機会をずっと探していました。だからようやく実現することができて、本当に嬉しく思っています。2作品とも、強くて聡明な女性を主人公にした、これぞラブコメ! といった内容で、ラブコメ好きはもちろん誰もが楽しめる作品になるはずです」とコメントしている。

「Your Place or Mine(原題)」は、「プラダを着た悪魔」の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナが脚本を執筆し初メガホンをとる。子育てが一段落したことを機に生涯の夢を追うことを決心したヒロイン(ウィザースプーン)と、彼女をサポートするためティーンの息子の世話を買って出た男友だちの複雑な恋模様を描くという。

ウィザースプーンが自身の制作会社ハロー・サンシャインを通じ、パートナーのローレン・ノイスタッターとプロデュースにあたるほか、Netflixの人気ドラマ「オザークへようこそ」で監督・主演・制作総指揮を務めるジェイソン・ベイトマンが、同じく自身の制作会社アグリゲートを通じてマイケル・コスティガンとともにプロデューサーを務める。

「The Cactus(原題)」は、英作家サラ・ヘイウッドが2019年に発表した同名ベストセラー小説を映画化するもの。45歳にして思いがけず妊娠した生真面目な主人公(ウィザースプーン)が、予期せぬ事態に戸惑いながらも、自身が歩んできた平凡な人生を見つめ直すなかで、新たな恋と家族を見出していくさまを描く。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース