氷帝VS立海、夢の直接対決を描く新作「新テニスの王子様」製作決定

2020年5月6日 08:00

原作者の許斐剛氏がマッチメイク完全監修
原作者の許斐剛氏がマッチメイク完全監修

[映画.com ニュース] アニメオリジナルストーリーの新作「新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future」の製作が決定した。あわせて、原作者の許斐剛氏による描き下ろしイラスト、跡部景吾役の諏訪部順一、幸村精市役の永井幸子からのコメントも披露された。

同作は、来年アニメ化20周年をむかえる「テニスの王子様」の節目をかざる試みのひとつ。これまで原作漫画でも描かれることのなかった、跡部景吾率いる氷帝学園中等部と幸村精市率いる立海大附属中学校による夢の直接対決を、原作の許斐氏によるマッチメイク完全監修のもと描く。メインスタッフは、川口敬一郎監督、広田光毅(脚本)、石井明治(キャラクターデザイン)が担当する。

跡部役の諏訪部は、氷帝と立海の直接対決が描かれることを「本当に驚きです」と述べ、「ウチのメンバーたちのイイところがしっかり描かれることを願っております。そして、跡部氏にもぜひ勝利していただきたい! 心身万全の強者と戦って正当に勝たせてあげて欲しい(親心)ところですが…果たして!? 全身の毛穴ブチ開けてお待ち下さい!!」とコメントを寄せている。

対する幸村役の永井は、「身が引き締まる思いとはこういうことか! と実感しました。次々と思い浮かぶ氷帝メンバーの面々。対戦が決まった時の、立海メンバーの静かなる高揚感を想像します」と感慨深い様子で、「どんなオーダーになるか楽しみですね。いつだって妥協を許さない、王者立海の名に恥じぬよう挑みます」と意気込んでいる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース