オンラインゲーム「CALL OF DUTY WARZONE」利用者、1カ月で5000万人突破

2020年4月16日 13:30

プレイヤーが1カ月で5000万人を突破
プレイヤーが1カ月で5000万人を突破

[映画.com ニュース] 基本プレイ無料で提供されているオンラインゲーム「CALL OF DUTY WARZONE」の利用者が、1カ月で5000万人を超えたことが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

同作は、戦争をテーマにした「コール・オブ・デューティー」シリーズの最新作。昨年発売された「コール・オブ・デューティー モダン・ウォーフェア」の特典として、無償で提供。2019年の全米年間売り上げNo.1となった同ゲームを購入していない人も、ダウンロードが可能だ。

「CALL OF DUTY WARZONE」には、150人のプレイヤーが戦うバトルロイヤルモードと、100万ドルをかき集めるブラッド・マネーモードがある。3月10日(現地時間)にローンチすると、わずか24時間で利用者は600万人を突破した。

販売元のアクティビジョンは、ローンチから1カ月でプレイヤーが5000万人を超えたと発表。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅待機する人が増えたことが大きな要因といえそうだ。なお米調査会社ニールセンは、自宅待機によるゲームのプレイ時間は45%増との調査結果を公にしている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース