日本映画界を支える俳優陣が豪華競演 石橋蓮司主演作「一度も撃ってません」撮影現場に潜入

2020年3月28日 16:00

画像1

名バイプレイヤーとして知られる個性派俳優、石橋蓮司の18年ぶりの映画主演作となる「一度も撃ってません」撮影現場が報道陣に公開された。

大鹿村騒動記」「半世界」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。ハードボイルドを気取る時代遅れの小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ主人公・市川を演じる石橋のほか、大楠道代岸部一徳桃井かおりという、故・原田芳雄さんとのゆかりも深いベテラン勢、佐藤浩市豊川悦司江口洋介妻夫木聡ら脂の乗った中堅勢と柄本佑寛一郎ら勢いのある若手まで、日本映画をけん引する豪華キャストが顔をそろえる。

画像4

2018年の12月、東京・調布の日活撮影所内に主人公たちが集う雑居ビル地下のバー「y」のセットが建てられた。抑えた照明にタバコの煙が立ち上る店内、一枚板のカウンター、アンティークな椅子やテーブル、店主の趣味や客層の趣味をにおわせる書籍やアートが飾られた、古きよき大人の遊び場だ。スクリーンには映らないであろう、薄汚れたダクトやこじんまりとした調理場まで再現する美術チームのこだわりに驚かされる。

取材陣は、バー「y」前で行われた乱闘シーンから見学。薬の売人を演じた柄本佑が複数の警察官に見つかり、取り押さえられる場面だ。スーツの内側にプロテクターを付け、身体を張った場面ゆえ、セット内に緊張感がみなぎる。そして、岸部一徳が演じる刑事の石田が飄々と現われるシーンに変わり、空気が一変。これら一連の時間は一体どんな映像に仕上がるのか、完成への期待が高まる。

シーンは異なるが、今作では柄本明と佑が親子で出演しており、石橋は「佑は“おしめ”の時代から知ってますからね。ずいぶん大人になったんだなと。休憩時間になると、親父の友達だという感じで話してきますしね。素晴らしい役者になっている」とその成長ぶりを称える。

画像2

その後は、バーカウンターに集った石橋、岸部、桃井といういぶし銀の俳優たちのアドリブ合戦。酔った石田(岸部)がひかる(桃井)を冗談交じりに口説くという一場面で、石橋が男性器がそそり立つ様をジェスチャーで伝えると、桃井が素で吹き出す。盟友関係の3人ならではこその、実際に飲酒をしているような“こなれ過ぎた”やり取りに、モニター越しの阪本監督も大笑い。ここでは数テイクが行われ、現実と虚構がない交ぜになった、撮影現場ならではの魔法のような時間が流れていた。

石橋は、自身の役柄を「とにかく脚本ができるまで、どんな話になるのかな全然知りませんでした。(脚本の)丸山昇一さんとは、70年代初頭に、Vシネも含めていろいろやらせてもらっているので、ハードボイルドアクションになるのかな。体力の問題はどうなるのかな、と一瞬心配になりましたが、本を読んで、あ、なるほどな、と。言ってみれば自分の夢を、時代遅れになろうとも貫徹しようという作家」と説明。久々の主演ということで「一番嫌なことは、撮影が終わって一杯飲めないということ。夜の撮影が多いので、健康を気遣ってくれているのかもしれませんが。酒が飲めないので、少し体力はついたかもしれません。特別に何もやってませんが、飲ませないというスタッフの陰謀ですね(笑)」と、演技とはまた別の苦労を明かす。

画像3

そして、旧知の仲間との共演について「(桃井)かおりは女優というより身内だと思ってるから、『おお、久しぶりだな』っていう身内感覚。でもかおりの遊びにつき合わされると、ハードボイルドが壊れちゃうから(笑)、そこに付き合わないようにがんばってる。(岸部)一徳も身内みたいなもの。結局今回のメンバーは、原田芳雄の周りに集まっていた人間だから、ここに芳雄がいないのはあれっていう感じで、非常に和気藹々とやらせてもらっています。演技でぶつかるのは久しぶりなので、ニコニコしながら『コノヤロー』って思ってますよ。ある意味で楽しい緊張感を持ってやらせてもらっています」と報告した。

一度も撃ってません」は4月24日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース