エレン・ペイジ出演「CURED」3月公開!“ゾンビだった人々”が社会復帰した世界を描く

2020年2月7日 15:00

ポスタービジュアルもお披露目
ポスタービジュアルもお披露目

[映画.com ニュース] ゾンビ・パンデミック終焉後、元感染者が社会復帰した世界を描く近未来スリラー「The Cured(原題)」が、「CURED キュアード」の邦題で、3月20日から日本公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルと場面写真もお披露目された。

ジョージ・A・ロメロ監督が「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生」「ゾンビ」で礎を築いた“現代におけるゾンビの概念”は、ホラー映画の枠を飛び越え、アクション、ラブストーリー、コメディなど、あらゆるジャンルに応用されている。ゾンビを題材にしたテレビドラマ、小説、漫画、ゲームのヒット作も次々と生み出され、今なお世界中のクリエイターの創作意欲を刺激してやまないモチーフであり続けている。

ゾンビ・パンデミック終焉後の世界とは…
ゾンビ・パンデミック終焉後の世界とは…

そんななか、アイルランドの新人監督デビッド・フレインが生み出した本作は、新機軸の物語と言えるだろう。ストーリーの中心となるのは、ウイルスに冒されて無差別に他者を噛み殺すモンスターに豹変したのち、画期的な治療法によって回復した“元”感染者たちだ。ゾンビだった頃の悪夢にうなされ、心に傷を負った彼らは、真の人間性を取り戻すことができるのか。市民は、社会復帰をした彼らを受け入れられるのか――これらの鋭い問いかけを、現在の不穏な世界情勢に照らし合わせて突きつけてくる衝撃作となっている。

人間を凶暴化させる新種の病原体“メイズ・ウイルス”のパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランド。6年後、治療法が発見されたことで秩序を取り戻し、治療効果が見られない25%の感染者は隔離施設に監禁され、治癒した75%は“回復者”として社会復帰することになった。症状を克服した若者セナンは、義姉アビーのもとに身を寄せるが、“回復者”を恐れる市民の抗議デモは激しさを増すばかり。やがて、理不尽な差別に不満を募らせ、過激化した“回復者”のグループは、社会への復讐テロを計画する。

プロデューサーも兼任したエレン・ペイジ
プロデューサーも兼任したエレン・ペイジ

ジャーナリストでシングルマザーのアビーに扮するのは、「JUNO ジュノ」「インセプション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のエレン・ペイジゾンビに夫を噛み殺されたという過去を持ちながら、回復者の義弟を受け入れるという役どころを繊細に表現し、プロデューサーとしてもプロジェクトをけん引した。そのほか、「二ツ星の料理人」「モンスターズ 新種襲来」のサム・キーリー、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のエボニー・マウ役で知られるトム・ボーン=ローラー、テレビシリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」のポーラ・マルコムソンが出演している。

CURED キュアード」は、3月20日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
CURED キュアード(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン