福山雅治「ラストレター」レッドカーペットに登場!六本木の予期せぬ寒さに苦笑い

2020年1月9日 18:16

仲睦まじく登場!
仲睦まじく登場!

[映画.com ニュース] 松たか子福山雅治が1月9日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ前大階段で行われた「ラストレター」レッドカーペットイベントに登場した。

手紙の行き違いをきっかけに始まった2つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。岩井俊二監督がメガホンをとり、原作・脚本・編集も兼ねた本作は、2018年7月から岩井監督の故郷である宮城県での撮影が敢行された。

冷たい強風が吹く中、階段に敷かれたレッドカーペットを歩いた福山は「暑い暑い仙台で撮ったんですけど、お披露目でこんな寒い思いをするとは」と思わず苦笑い。それでも「やっとやっと皆さんに(映画を)見ていただけること、とてもうれしく思います」と喜びを熱弁していた。

松も「お寒いなか、お待たせしました。お集まりいただき、ありがとうございます」と予期せぬ寒さに震えながら、「必ず温かい気持ちになれる作品ですので、公開されたら、ぜひ劇場に足をお運びください」と、「四月物語」以来約22年ぶりの出演となる岩井作品をアピールしていた。

レッドカーペットイベントには松と福山をはじめ、共演する広瀬すず森七菜神木隆之介が出席。来場予定だった岩井監督はインフルエンザを理由に、急きょ欠席した。「ラストレター」は1月17日公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース