佐藤浩市の“覚悟”、渡辺謙の“怒り” 福島原発の真実に迫る「Fukushima 50」本予告

2019年12月24日 06:00

本ポスタービジュアルもお披露目
本ポスタービジュアルもお披露目

[映画.com ニュース] 2011年に発生した東日本大震災、福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50」の本予告と本ポスタービジュアルが、このほどお披露目された。邦画史上最大級のスケールとリアリティに加え、全ての登場人物が生死をかけた状況に追い込まれ、感情むき出しでぶつかり合う様子が克明に描かれている。

原作は、ジャーナリスト・門田隆将氏が90人以上の関係者への取材をもとにつづったノンフィクション本「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。11年3月11日午後2時46分――マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大の地震が発生し、巨大津波が福島第一原子力発電所(通称イチエフ)を襲った。本作は、事故対応のため死を覚悟して発電所に残り、世界中のメディアから“Fukushima 50”と呼ばれた福島出身の作業員たちの真実を描き出す。

福島第一原発1・2号機当直長、伊崎利夫役を佐藤浩市、福島第一原発所長・吉田昌郎役を渡辺謙が演じ、5・6号機当直副長、前田拓実役に吉岡秀隆、緊急時対策室総務班・浅野真理役として安田成美が出演。そのほか、緒形直人火野正平平田満萩原聖人吉岡里帆斎藤工富田靖子佐野史郎ら豪華キャストが結集している。

本予告は、SBO(Station Black Out=全電源喪失)に見舞われた福島第一原発の様子を活写。原子炉建屋内に突入し、人の手で作業するしかないという状況下で、伊崎は自分とともに危険な作業を行うメンバーを募るという苦渋の決断を迫られる。さらに避難所でニュースを見つめ、祈り待ち続ける彼らの家族、福島を思う地元メディア、自衛隊、“トモダチ作戦”を実施するアメリカ軍も登場。「そんなことも決められねえのか本店は! 現場の人間、体張ってんだよ!」と現場の作業員を代弁して戦う吉田、「最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と覚悟を決める伊崎の姿をとらえている。

Fukushima 50」は、20年3月6日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース