使った車は750台以上!「6アンダーグラウンド」マイケル・ベイ監督の撮影がすご過ぎる

2019年12月1日 11:00

ライアン・レイノルズも驚いた!
ライアン・レイノルズも驚いた!

[映画.com ニュース]「トランスフォーマー」「バッドボーイズ」シリーズなど、数々のアクション超大作を手がけてきたマイケル・ベイ監督によるNetflix映画「6アンダーグラウンド」。12月13日からの配信を前に、ハリウッドの“破壊王”ことベイ監督らしさ全開の撮影の模様が明らかになった。

謎の億万長者、元CIAスパイ、凄腕の医者など、世界随一のスキルを持ち、過去を消して未来を変えたいと願っている男女6人のスペシャリストたちで結成された最強チーム「6アンダーグラウンド」が、最難関のミッションに挑むさまを描く。

アルマゲドン」「パール・ハーバー」などを手掛けたベイ監督といえば、ファンから“ベイヘム”と呼ばれている容赦なき大爆発シーンやド迫力アクションを得意とし、“破壊王”の異名を持つ。

そんなベイ監督が本作に登場させた車両や、爆破・破壊などに使用した車両は750台以上になり、使われた車の中にはアルファロメオやBMW、ランボルギーニ等の高級車も多く含まれている。車で連想される映画「ワイルド・スピード」シリーズでは、1作目「ワイルド・スピード」から7作目「ワイルド・スピード SKY MISSION」までの撮影で合計300台以上の車を破損・破壊したと報じられており、本作はその数字を超える台数を誇っている。

さらに、爆破等で消費した燃料の総量は約6万リットルにのぼる。現実味のわかない数字だが、普通のアクション映画とは一線を画すダイナミックなシーンを実現させていることはわかる。

デッドプール」シリーズや「名探偵ピカチュウ」で知られ、本作の主演を務めるライアン・レイノルズは「マイケル・ベイ監督と仕事をするのは面白かったよ。彼はこの映画で、彼が監督としてスタートした頃のスタイルを取っているんだ。つまり、CGを多用したものではなく、カメラ前で撮影する強烈なスペクタクル・アクションに寄っているんだよ」と語る。

さらに、レイノルズは「1日中、すべての瞬間でこの作品のスケールの大きさを感じていたよ」と振り返り、並外れた撮影現場と手法に驚きを隠せなかったようだ。「6アンダーグラウンド」は12月13日からNetflixにて独占配信開始。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com