「プロメア」初のホール単独イベント開催 爆音応援上映やトークショー、劇中音楽ライブを実施

2019年11月30日 06:00

「プロメア」初のホール単独 イベント開催が決定
「プロメア」初のホール単独 イベント開催が決定

[映画.com ニュース] 「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」で知られる今石洋之監督と脚本家・中島かずきのタッグが手がけた、劇場アニメ「プロメア」初のホール単独イベント「プロメア LIVE INFERNO」の開催が決定した。2020年1月8日に中野サンプラザホールで行われる。

同イベントでは、観客参加型の「爆音大応“炎”(応援)上映会」や、音楽を担当した澤野弘之やボーカリストらによる劇中音楽ライブ、今石監督、中島、澤野に加え、バリス・トラス役の稲田徹、ルチア・フェックス役の新谷真弓、メイス役の小西克幸が出演するトークショーが催される。イベントオリジナルデザインのグッズも販売。入場料金は、ペンライトとオーロラPVCバンドがセットになったプレミアムチケットが1万2500円、通常チケットが6900円(いずれも税抜き)。12月2日まで先行抽選を受け付けており、12月14日から先着制の一般販売がスタートする。

プロメア」は、炎を操る人種「バーニッシュ」が引き金となり、全世界の半分が焼失した「世界大炎上」から30年後の世界を舞台に、「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロと、攻撃的バーニッシュの集団「マッドバーニッシュ」のリーダーであるリオが、対立し合いながらも、やがて力を合わせて世界の危機に立ち向かっていく姿を描く。松山ケンイチ早乙女太一がダブル主演を務めたことで話題となり、5月24日の公開以来、「応“炎”上映」や、前日譚「ガロ編」&「リオ編」付き上映など、さまざまな趣向を凝らしつつ、各地で約6カ月におよぶロングラン上映が行われ、約90万人を動員した。2月5日にはパッケージ版の発売も控えている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース