“嘘夫婦”大泉洋&小池栄子が愛人たちに「グッドバイ」! ドタバタ人生喜劇の予告完成

2019年11月29日 08:00

愛人を演じる水川あさみ&橋本愛 &緒川たまきをとらえた新ポスター
愛人を演じる水川あさみ&橋本愛 &緒川たまきをとらえた新ポスター

[映画.com ニュース] 大泉洋小池栄子が出演し、成島出監督がメガホンをとった映画「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」の予告編と新ポスタービジュアルが完成した。今年で生誕110年を迎える文豪・太宰治の未完の遺作を、鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが喜劇としてよみがえらせた戯曲を映画化。映像には、何人もの愛人を抱える文芸雑誌編集長・田島周二(大泉)が、ガサツでパワフルな担ぎ屋・永井キヌ子(小池)と“嘘(にせ)夫婦”を演じ、女たちに“グッドバイ”していくさまが切り取られている。

本作の題材となったのは、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いたサンドロヴィッチの戯曲。2015年の舞台では仲村トオルと小池、生瀬勝久が演出を担う新たな舞台版(20年1月から上演)では藤木直人とソニンが共演する。「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」2部作の成島監督がメガホンをとる映画版には、大泉と小池のほか、個性豊かな愛人を演じる水川あさみ橋本愛緒川たまきが結集。そのほか木村多江濱田岳松重豊皆川猿時田中要次池谷のぶえ犬山イヌコ水澤紳吾戸田恵子ら映画界、演劇界を代表する実力派キャスト陣が顔をそろえた。

物語の舞台は、戦後の混乱から復興へと向かう昭和の日本。予告編では、愛人と別れたいダメ男・田島と金がほしいキヌ子による嘘夫婦の企みが、ユーモラスに展開する。キヌ子を伴い田島が訪れたのは、思いを花言葉にのせて伝えるはかなげな花屋・青木保子(緒川)、「奥様、お目にかかれてとっても嬉しくってよ」とさらりと言ってのける挿絵画家・水原ケイ子(橋本)、きつめの診察を行うクールな女医・大櫛加代(水川)というタイプの違う3人の愛人。しかし、疎開のため離れて暮らしていた正妻・静江(木村)の登場、田島&キヌ子の関係の変化など、うまくいくかに思えた計画に様々な“番狂わせ”が生じてしまう。

さらに、「好きだー!」と絶叫しキヌ子を押し倒す田島が、キヌ子の怪力によって2階から突き落とされてしまうコミカルなひと幕も。総金歯で絵に描いたような成金となった編集部員・清川伸彦(濱田)、豪快に笑う作家・漆山連行(松重)、紙を丸呑みするキヌ子、なぜか喪服姿で楽しげに舞い踊る愛人たち――癖の強いキャラクターたちが織りなす、ドタバタ人生喜劇がノンストップで映し出されている。

ポスターは、太宰を彷ふつとさせるポーズで困り顔の田島、ほほ笑みを浮かべ田島を見守るキヌ子を活写。ふたりの背後には、引き止めるように手を伸ばす愛人と正妻の姿が確認できる。

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」は、20年2月14日から東京・新宿ピカデリーほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース