8時間15分に及ぶ渾身の大作! ワン・ビンの新作ドキュメンタリー「死霊魂」20年4月公開

2019年11月19日 19:15

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で大賞&観客賞を獲得!
山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で大賞&観客賞を獲得!

[映画.com ニュース]山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で話題を呼んだワン・ビン監督作「死霊魂」が、2020年4月に劇場公開されることが決定した。

03年に3部作で構成された「鉄西区」(「工場 鉄西区 第一部」「街 鉄西区 第二部」「鉄路 鉄西区 第三部」)、07年に「鳳鳴(フォンミン) 中国の記憶」で山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション部門の大賞となるロバート&フランシス・フラハティ賞を獲得しているワン・ビン監督。3度目の大賞に加え、市民賞(観客賞)も獲得した「死霊魂」は、フランスとスイスの資本で完成させた作品。総尺8時間15分にも及ぶ大作であり、同映画祭では、各40分の休憩を2回挟み、3部に分け、1日がかりで上映された。

本作がとらえているのは、50年代後半に起きた中国共産党の反右派闘争で粛清された人々が、半世紀以上を経て、それぞれの体験をカメラに向かって語る様子。政府に騙され、砂漠の収容所に送られ、次々に周囲の人々が飢えで死んでいくなか、なんとか生き延びた人々。ある者は昨日のことを語るように熱っぽく、ある者は激情を抑えるように、証言を重ねる。「無言歌」「鳳鳴(フォンミン) 中国の記憶」で描いたテーマと再び向き合ったワン・ビン監督が、忘れ去られた死者の声を掘り返していく。

死霊魂」は、20年4月から東京のシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース