自殺催眠が導く狂気と絶望のデスゲーム開幕! 橋本環奈のR15スリラー「シグナル100」予告

2019年10月28日 08:00

小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真らが共演
小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真らが共演

[映画.com ニュース] 女優の橋本環奈が主演するR15+指定のスリラー「シグナル100」の予告編とポスタービジュアルがお披露目された。映像には、催眠にかけられた生徒たちが次々と自殺を遂げていく、狂気と絶望のデスゲームを活写。さらに、主題歌は2020年1月にメジャーデビューを控える新人アーティスト・yukaDD(;´∀`)(読み方:ユカディーディー)の「Carry On」が主題歌に決定した。

不能犯」「虐殺ハッピーエンド」の宮月新氏が手掛けた同名原作コミックは、壮絶な描写を理由に、連載当時から実写映画化不可能と言われてきた問題作。竹葉リサ監督がメガホンをとり、橋本は正義感が強い主人公・樫村怜奈、小関裕太は樫村に思いを寄せるサッカー部のモテ男・榊蒼汰を演じる。中村獅童が生徒に自殺催眠をかける担任教師・下部役を務めるほか、瀬戸利樹甲斐翔真中尾暢樹福山翔大中田圭祐山田愛奈若月佑美前原滉栗原類恒松祐里ら若手キャスト陣が顔をそろえた。

予告編の冒頭では、青春映画のような輝きに満ちた、穏やかな学校生活が切り取られている。しかし、映像にノイズが入るやいなや事態は一変。担任の下部は36人の生徒たちに「特定の行動をとると自ら命を絶ってしまう」という自殺催眠をかけ、恐怖のゲームを開始する。遅刻をする、電話をかける、涙を流すなど、催眠が発動するシグナルは100種類。窓から飛び降りる者、花瓶を頭に打ちつける者、自らの首を切りつける者――止まらない自殺の連鎖に、生徒たちの絶叫が響き渡る。催眠を解く方法は「自分以外の全員が死ぬこと」という下部の無情な言葉を皮切りに、本性がむき出しになっていくさまが鮮烈に映し出されている。

映像はyukaDD(;´∀`)のメジャーデビュー曲で、主題歌となった「Carry On」で締めくくられている。「EXILE」、山下智久、JUJUらを手掛ける音楽プロデューサーで、本作の劇伴を担当するJin Nakamuraが見出した注目のアーティストが、樫村の切ない心情がこめられた楽曲を力強く歌い上げる。

ポスターの中央には、血しぶきを浴び立ち尽くす樫村を配置。背景に広がる生徒たちの顔に重なるように、大きな黒いバツ印がデザインされ、その中から下部が怪しいほほ笑みをのぞかせている。

シグナル100」は、2020年1月24日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com