細野晴臣、デビュー50周年記念ドキュメンタリー「NO SMOKING」が11月公開

2019年8月19日 12:00

[映画.com ニュース]1969年のデビューから、今年で50年を迎えた音楽家・細野晴臣。「はっぴいえんど」「YMO」での実績からソロ活動まで、国内だけでなく世界中のアーティストからリスペクトされる細野に迫るドキュメンタリー映画「NO SMOKING」が、11月公開される。

幼少期の音楽との出会いを皮切りに、「はっぴいえんど」「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」での活動、そしてソロとしての音楽活動など、細野晴臣の足跡をたどりながら、近年の活動にカメラが完全密着。2018年台湾公演を皮切りに、ロンドン、NY、LAで開催されたワールドツアーの模様などの映像も盛り込まれているだけでなく、バンドメンバー(高田漣、伊賀航、伊藤大地野村卓史)との交流の映像も映し出される。また、ロンドン公演では高橋幸宏小山田圭吾が参戦、坂本龍一も飛び入り参加し、5年ぶりにYMOメンバーがそろった奇跡の演奏の瞬間も収められている。

さらに、水原希子やカナダのシンガーソングライター、マック・デマルコら若い世代のアーティスト達、細野の師匠と言っても過言では無い音楽プロデューサーのバン・ダイク・パークスとの交流の様子、自身のルーツを語る貴重なインタビューも収録。このほど公開された特報映像では「楽しいことがやりたい」と語り、親しい仲間達とコントに挑戦する一面も切り取られている。監督は、NHKエンタープライズ・エグゼクティブプロデューサーで、音楽を中心にエンターテインメント番組を手掛ける佐渡岳利

佐渡監督は、「YMOに衝撃を受けた少年時代から仕事をご一緒させていただく今に至るまで、細野さんをスゴい!と思い続けてきました。私と同じ思いの方には、その再確認ができて、初めて細野さんに出会った方には我々と同じ思いになれる映画にしたいなと思います。カッコ良くて、カワいくて、音楽を心から大好きな細野さんに、是非会いにきてください」と見どころを語る。

ドキュメンタリーの完成を受け、細野は、「自分の映画が出来上がって上映されるとは夢のようですが、同時に悪夢だとも思えます。何故生きている間にこんなことになったのかといえば、今年になって50年も音楽生活を続けてきたせいでしょうか。このような映画を自分で作ることはできません。製作陣の熱意があってこそ実現したものであり、自分も観客のひとりとして見ることになります。しかし到底客観的な評価などできるはずもありません。どうか見た人が少しでも得ることがあるように、と祈るばかりです」とコメントを寄せている。

NO SMOKING」は、11月、シネスイッチ銀座、ユーロスペース他全国順次公開。

▽タイトル「NO SMOKING」についての細野晴臣による解説文

世界中を旅して最も感じたことは、当然のことながらどこもNO SMOKINGだったということです。しかしそれは屋内のこと。外ではほぼ喫煙OK。意外と寛容なところがありました。紐育、倫敦では路上ポイ捨てが常識で、それに馴染めずに自分は携帯灰皿を持ち歩いたのです。それを見た土地の人から「礼儀正しいね、でも吸い殻を清掃する業者の仕事を奪う」ってなことを言われました。なるほどそういうこともあるのか。その携帯灰皿を紐育で紛失し、買い求めようとしたらどこにも売ってません。あれは日本独自のものらしい。仕方なく紙コップを持ち歩きました。日本の路上禁煙は珍しい例だそうです。香港はブロック毎に大きな灰皿が設置してあり、喫煙率が高そう。長旅でホテルに泊まれば、ぼくは1時間毎に外の喫煙所へ出ることになり、それはかなり苦痛なことです。部屋で吸えば高額な罰金を取られますから。世界が歩調を揃えているこの禁煙法には違和感を持ちつつも、逆らうことはできません。ですから人に迷惑がかからないことを念頭に、周囲を見渡しながら喫煙を心がけているわけです。喫煙所さえあれば一安心。こうしてNO SMOKINGの世界でSMOKERを自認するのは、ひょっとするとタバコをやめるよりも意志の強さが必要となります。煙を吐くだけで差別され、否応なく少数派の立場に立たされるのですから。「詭弁を言わずにやめたら?」と言われます。いやいや、20世紀の文化を支援してきた紫煙に、突然愛想をつかすわけにはいかないのです。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2019「NO SMOKING」FILM PARTNERS

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース