佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×田中裕子が圧巻の芝居合戦!「ひとよ」映像初披露

2019年8月7日 07:00

メガホンをとったのは白石和彌監督
メガホンをとったのは白石和彌監督

[映画.com ニュース] 佐藤健が主演を務め、白石和彌監督(「凶悪」「孤狼の血」)がメガホンをとる映画「ひとよ」のポスタービジュアルと特報が、このほどお披露目された。映像では、ある事件によって心の傷を抱えた三兄妹を演じる佐藤、鈴木亮平松岡茉優、子どもたちの幸せを守るために罪を犯した母親役の田中裕子が慟哭(どうこく)の芝居合戦を見せている。

劇作家・桑原裕子氏率いる劇団KAKUTAの代表作を実写映画化。稲村家に起きた一夜の事件が、母と三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家は惨劇に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いのなか、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった、家族の岐路。時を経て向き合った一家がたどり着く先を描出する。

ポスタービジュアルは、東京でフリーライターとして働く次男・雄二(佐藤)、夫婦関係に思い悩む長男・大樹(鈴木)、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子(松岡)、15年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはる(田中)が、夜明けの埠頭で佇んでいる光景を活写。それぞれの想いを胸に秘めながら、空を見上げる稲村家の人々――特報のラストでも挿入される「壊れた家族は、つながれますか。」というメッセージが、エモーショナルな感情をかき立てる。

特報は、こはると再会を果たした雄二が、15年越しの想いを吐露するシーンからスタート。子どもたちのために愛する夫を殺してしまったこはるに対して、雄二は「子どもたちの人生がめちゃくちゃになってる時に、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な問いを投げかける。大樹は「俺らは間違った方ばっかいってるよ!」と叫び、園子は「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれたんじゃん!」と訴え、三者三様の感情があふれ出す。佐藤と田中が魅せる“静の芝居”、鈴木と松岡が思いの丈を咆哮する“動の芝居”――それぞれの強く儚い表情が印象的に映し出され、感情がぶつかり合う芝居が凝縮された内容となっている。

ひとよ」は、11月8日に全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース