ブライアン・シンガー離脱のリブート版「レッドソニア」、新監督が決定

2019年6月28日 11:00

ジル・ソロウェイ
ジル・ソロウェイ

[映画.com ニュース]アマゾンの大ヒットドラマ「トランスペアレント」や映画「午後3時の女たち」を手がけてきたジル・ソロウェイが、1985年公開のアクションファンタジー映画「レッドソニア」をリブートする新作で、監督・脚本を務めることがわかった。

米Deadlineが報じたもので、リブート版は「ボヘミアン・ラプソディ」の降板騒動、及びセクハラ騒動を起こしたブライアン・シンガー監督が、今年初めに企画から離脱していた。

コミックの人気キャラクターを映画化した前作「レッドソニア」(リチャード・フライシャー監督)は、「コナン・ザ・グレート」のスピンオフ作品で、女戦士レッドソニアをブリジット・ニールセンが演じた。米ミレニアム・フィルムズは「レッドソニア」のリブート版の企画開発を10年以上前から行っており、2008年にはロバート・ロドリゲス監督が当時婚約していたローズ・マッゴーワン主演で映画化を予定していた。しかし企画は頓挫し、その後もさまざまな脚本家がリライトにあたっていた。

ミレニアムは、米ワーナー・ブラザースの「ワンダーウーマン」のような大ヒット映画シリーズにすることを目指しているとのこと。ソロウェイが監督を務めるリブート版の主演女優はこれから選定される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース