脚本家マックス・ランディスに性的暴行疑惑 所属エージェンシーは契約を解除 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月21日 > 脚本家マックス・ランディスに性的暴行疑惑 所属エージェンシーは契約を解除
メニュー

脚本家マックス・ランディスに性的暴行疑惑 所属エージェンシーは契約を解除

2019年6月21日 08:00

マックス・ランディスが脚本を手がけた 「エージェント・ウルトラ」「エージェント・ウルトラ」

マックス・ランディスが脚本を手がけた
「エージェント・ウルトラ」
Photo Credit: Alan Markfield
(C)2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」の脚本家マックス・ランディスに、性的暴行疑惑が持ち上がった。

米情報サイトDaily Beastは6月18日(現地時間)、ランディスによる性的虐待および精神的苦痛を伴う心理操作の被害にあったという女性8人の告発を掲載。実名で名乗り出た2人のうちの1人であるアニ・ベイカーさんは、ランディスと短期間交際したのち別れを切り出したが、圧力をかけられ嫌々ながらも肉体関係を続けた。交際中のある時には、ふざけてお尻を軽く叩いた途端にランディスが豹変し、首を絞めながら脅されたこともあったという。

デビッド・エアー監督、ウィル・スミス主演によるNetflixオリジナル映画「ブライト」(17)以降、脚本家としてのクレジットが途絶えているランディスをめぐっては、数年前からセクハラ容疑を唱える声がSNS上で広がっていた。#MeToo時代と呼ばれる現在、ハリウッドがセクハラ問題にかつてないほど過敏に対応するなか、米バラエティによれば、「早いうちに悪の芽を摘む」かのごとく、所属エージェンシーのCAAは契約の解除に踏み切ったという。

また、脚本を手がけたクロエ・グレース・モレッツ主演の新作アクションホラー「Shadow in the Cloud(原題)」ではプロデューサーから名前が外され、ランディスによる脚本の映画化権を獲得した米MGMが、イドリス・エルバ主演で製作予定だった超常現象スリラー「Deeper(原題)」も、同スタジオのラインナップから取り消されるなど、早くも影響が見え始めている。

ランディスの脚本によるSFアクション「クロニクル」(12)でメガホンをとったジョシュ・トランク監督は、今回の報道を受け、「マックスに関する告発記事は、100%事実だと確信している。『クロニクル』の撮影時にセット出禁を宣告して以来、彼とは口も聞いていない。たくさんの女性たちに対する非道な行いの数々を読んで、吐き気がした」と自身のTwitterでランディスを糾弾した。

(映画.com速報)
クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 超能力を手にした高校生たちが、その力に翻弄されていく姿をファウンドフッテージ形式で描いたSFアクション。
エージェント・ウルトラ[DVD] エージェント・ウルトラ[DVD] 最安価格: ¥1,000 「アドベンチャーランドへようこそ」でも顔をあわせたジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートが再共演を果たしたアクションラブコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報