「映画スター☆トゥインクルプリキュア」10月19日公開決定 星空がつながるビジュアル2種も披露

2019年6月9日 06:00

星空がつながるビジュアル2種も披露
星空がつながるビジュアル2種も披露

[映画.com ニュース] 「プリキュア」シリーズの劇場版最新作「映画スター☆トゥインクルプリキュア」の公開日が10月19日に決定した。

シリーズ初の試みとして、地球から宇宙を観た視点の「地球ver.」、宇宙から地球を見下ろす視点の「宇宙ver.」の2種類のイメージビジュアルも公開された。地球ver.にはキュアスターこと星奈ひかる、キュアミルキーこと羽衣ララのふたりが見上げる星空に一際輝く星、宇宙ver.には流星群からはぐれて地球に落ちていく星が描かれており、星空で絵がつながる構成となっている。ビジュアルを担当したのは、児童書の挿絵などを手がけるイラストレーター・いなとめまきこ氏。「母親が子どもに読み聞かせる絵本」「保護者が子どもに見せたくなる」ビジュアルを目指し、水彩画の優しく温かいタッチでイラストを描くいなとめ氏へオファーの運びとなった。

完成したビジュアルについて、東映アニメーションの村瀬亜季プロデューサーは「お伝えしたイメージと一切の違和感もなく、暗い森を抜けた先で、目の前に広がる満天の星空をみたような感覚でした」と喜び、「このイメージビジュアルを通して、映画の雰囲気や、そこで描かれる『スター☆トゥインクルプリキュア』の物語を”イマジネーション”で自由に感じていただけたらうれしいです。そして、その“イマジネーション”を大切な人と共有してみてください」とコメントを寄せている。

「スター☆トゥインクルプリキュア」は、2004年放送の「ふたりはプリキュア」からスタートした「プリキュア」シリーズの第16作。星座と宇宙が大好きな中学生・星奈ひかるが星のプリキュア・キュアスターとして、キュアミルキーこと宇宙人の羽衣ララたちとともに、宇宙の支配を目論むノットレイダーと戦う姿を描く。劇場版では、「困難に負けずに頑張る少女たちの物語」という「プリキュア」シリーズの従来の魅力はそのままに、温かくも少し切ない、地球と宇宙で紡がれる絆の物語が展開する。

(映画.com速報)

関連ニュース