ジーナ・ロドリゲス、マーク・ラソ監督「Awake」に主演

2019年6月3日 13:00

ジーナ・ロドリゲス
ジーナ・ロドリゲス

[映画.com ニュース] ドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」や映画「アナイアレイション 全滅領域」で知られる女優ジーナ・ロドリゲスが、Netflixの新作映画「Awake(原題)」に主演することがわかった。Netflix映画「さようなら、コダクローム」(エド・ハリスジェイソン・サダイキス主演)のマーク・ラソ監督がメガホンをとる。

米Deadlineによれば、「Awake(原題)」は突如発生した出来事により、すべての電子機器が使えなくなり、人々が眠れなくなった世界が舞台。ある暗い過去を抱えた元兵士ジル(ロドリゲス)は、娘が人類の危機を救う鍵であることに気づくが、娘の安全と自身の精神の限界に悩み葛藤する、というストーリーのようだ。

ラソ監督がジョセフ・ラソ、グレッグ・ポワリエと共同で脚本を執筆。ラソ兄弟、ポワリエ、ロドリゲス、マーク・ゴードンらが製作総指揮を務める。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース