木村拓哉、今度はフランス料理の天才シェフに! 鈴木京香と12年ぶりに共演

2019年5月29日 04:00

「華麗なる一族」以来の共演
「華麗なる一族」以来の共演

[映画.com ニュース] 木村拓哉が、10月期からTBSの日曜劇場枠でスタートするドラマ(タイトル未定)に主演することがわかった。これまで多くの職業を演じてきた木村だが、今作では慢心から全てを失った、フランス料理の天才シェフ役に。相手役は鈴木京香が務め、2007年の「華麗なる一族」以来、約12年ぶりの共演を果たす。

TBSが集計したデータによると、平成に放送された連続ドラマの全話世帯平均視聴率ベスト10は、上位5位がすべて木村の主演作だという(時代劇を除くゴールデン・プライムタイムの連続ドラマ・関東地区・ビデオリサーチのデータによる)。平成を代表するスター・木村が、令和の時代に初めて挑むドラマでどんな姿を見せるのか、期待が高まる。

「今回共演してくださる皆さん、スタッフと、全力で作っていこうと思っています。京香さんとの共演はかなり久しぶりになるので、現場でまた一緒に作業させていただく事を、楽しみにしています」とコメントを寄せた木村。演じるのは、フランス料理のカリスマシェフだ。仏パリの二つ星レストランを持つが、傲慢と慢心ゆえに店も仲間も失ってしまう。失意のどん底に沈むなか、ある女性シェフ(鈴木)との出会いが彼の人生を変えていく。

パリの三つ星レストランでの撮影も予定。さらにプロ顔負けの料理の腕前を誇る木村が、どんなこだわりも見せるのかにも注目だ。鈴木は「『華麗なる一族』では、敵対する役柄だったにもかかわらず、現場を力強く牽引していく木村さんに何度も助けてもらいました。今回は同じ夢に向かっていく同士の役です。全力で星を取りにいきたいと思っています! また、凸凹の集まりが最高のチームになっていく過程も、きっと楽しく観ていただけると思います」と明かし、伊與田英徳プロデューサーも「シェフ役の木村さんが料理を通して、どんな人間ドラマに料理していくのか、今からワクワクしています。木村さんが演じている姿を想像すると、その調理場の熱や、料理の香りが画面を通して伝わってくるような気がします」と期待を込めている。

なお脚本は「キングダム」の黒岩勉、演出は「アンナチュラル」の塚原あゆ子が務めている。10月から毎週日曜午後9時に放送。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース