ドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」に「ゲーム・オブ・スローンズ」脚本家が参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月24日 > ドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」に「ゲーム・オブ・スローンズ」脚本家が参加
メニュー

ドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」に「ゲーム・オブ・スローンズ」脚本家が参加

2019年5月24日 16:00

ブライアン・コグマン「ロード・オブ・ザ・リング」

ブライアン・コグマン
Photo by FilmMagic/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の脚本家ブライアン・コグマンが、米アマゾン・スタジオが手がけるテレビドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」に脚本監修として参加することがわかった。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビであるデビッド・ベニオフD・B・ワイスのアシスタントとして、企画の初期段階から同シリーズに携わってきたコグマンは、シーズン1「第一章:七王国戦記」の第4話「壊れたものたち」から最終章の第2話「七王国の騎士」まで、全8シーズンにわたり数々のエピソードで脚本を手がけてきた。

米バラエティが入手した関係者の話によれば、コグマンは当初、同シリーズの放送局である米有料チャンネルHBOが準備中とされる「ゲーム・オブ・スローンズ」のスピンオフ番組のひとつに脚本家として参加する予定だった。しかし一向に進捗がないことに業を煮やし、2018年9月に大型契約を結んだアマゾン・スタジオに活動の拠点を移すことにしたようだ。

英作家J・R・R・トールキンの傑作長編ファンタジー小説「指輪物語」をアマゾンがドラマシリーズ化する「ロード・オブ・ザ・リング」については、原作の第1部「旅の仲間」以前の時代が舞台ということ以外の詳細は明らかになっていない。コグマンは、すでに脚本の執筆に取りかかっているJ・D・ペイン&パトリック・マッケイの脚本家コンビを、コンサルタントとしてサポートするという。

なお、コグマンは、ウォルト・ディズニーによる実写映画版「王様の剣」で脚本を担当することも決定している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報