坂口健太郎、「FF14」プレイで役づくり “ゲーマー”吉田鋼太郎は出演に大興奮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月23日 > 坂口健太郎、「FF14」プレイで役づくり “ゲーマー”吉田鋼太郎は出演に大興奮
メニュー

坂口健太郎、「FF14」プレイで役づくり “ゲーマー”吉田鋼太郎は出演に大興奮

2019年5月23日 17:48

ゲームのキャラクター「マイディー」も登場!「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

ゲームのキャラクター「マイディー」も登場!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気ゲーム「ファイナルファンタジーXIV」(FF14)にまつわる実話を綴った、マイディー氏のブログを映画化する「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の完成披露試写会が5月23日に東京・有楽町朝日ホールで行われ、ダブル主演を務めた坂口健太郎吉田鋼太郎をはじめ、共演した佐久間由衣山本舞香、実写パートを担当した野口照夫監督、ゲームパートを手掛けた山本清史監督が登壇した。

「ファイナルファンタジー」シリーズの第14作で、MMORPG(大規模同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)であるFF14が題材の本作。同ゲームのプレイヤーであるアキオ(坂口)は、幼少期からずっと父・暁(吉田)とすれ違ってきた。ある日、仕事一筋で単身赴任中だった父が、突然会社を辞めて家に帰ってくる。父の本音を知りたいと考えたアキオは、FF14の世界に父を招待し、正体を隠してゲーム内で一緒に冒険をするという「光のお父さん計画」を決行する。

作品の感想を問われ、坂口は「ゲームという主軸はあるんですが、父と息子というヒューマン(ドラマ)的なものに気持ちが入りました」と語る。そして、「(劇中で)僕と鋼太郎さんってあまり言葉を交わさないんですよね。なので、父の背中を見る眼差しなど、そういうセリフじゃない部分を大切にしてお芝居をしました」と述懐した。

実際に「FF14」をプレイして役への理解を深めていったという坂口は「楽しい役づくりでした。遊んでいるわけじゃないですけどね?」とニッコリ。一方の吉田は、同ゲームの第1作からプレイしているというゲーマー。驚く観客たちに「僕こう見えてかなりのゲーマーで、ファミコンが発売した当時もすぐ飛びつきまして」と説明し、「ファイナルフンタジーもずっとやってきたので、『とうとう来るべきものが来たな』と思いました。めっちゃ嬉しかったです」と顔をほころばせた。さらに、ドラマ版で自身と同じ役を演じた故大杉漣さんに触れ、「本当に尊敬する素晴らしい俳優さんでした。その役をやらせて頂くということで身が引き締まる思いや、プレッシャーがありました。『大杉さん、僕すみません、やらせていただきます』という気持ちでしたね」と心情を吐露した。

この日は、野口監督が衝撃の事実を告白。「僕が今日1番ドキドキしているのが、プロデューサーから全員一致で『切れ』って言われたシーンがあって、『分かりました』って言いながら1秒も僕は切らなかったんです」と説明すると、キャスト陣は「どこ?」と一斉にざわつく。野口監督は迷いながらも「吉田さんの所ですかね……(笑)」と明かし、「何で言っちゃったんだろう」とぼやいていた。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」は、6月21日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報