長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」続編に意欲「まだまだこの先も続いて…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月17日 > 長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」続編に意欲「まだまだこの先も続いて…」
メニュー

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」続編に意欲「まだまだこの先も続いて…」

2019年5月17日 22:30

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース]フジテレビ系で放送された人気月9ドラマを映画化した「コンフィデンスマンJP」が5月17日、全国324スクリーンで公開初日を迎え、主演の長澤まさみをはじめ共演の東出昌大小日向文世小手伸也織田梨沙竹内結子三浦春馬江口洋介、メガホンをとった田中亮監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

香港を舞台に、天才的な知能を持つがどこか抜けているダー子(長澤)、お人好しのボクちゃん(東出)、百戦錬磨のベテラン・リチャード(小日向)という3人の信用詐欺師たちが、予測不能なコンゲームを繰り広げる。ファンからは物語にちなみ「映画公開も詐欺では」と囁かれていたが、長澤はきっちりと封切りを迎えた喜びを明かす。「『コンフィデンスマンJP』の世界にどっぷり浸かってくださっている方々が、本当にたくさんいると実感した」そうで、「映画の番宣で、たくさんの子猫ちゃんに会う機会もあって。作品を心待ちにしてくれている方々を目の当たりにして、素敵な作品に巡り合えたと実感しました。感無量です」と表情をほころばせた。

小日向は「興行成績が上がれば、第二弾も」と続編に色気を出し、江口も「パート2のスケジュールを、聞いたり聞かなかったりしていますから」と本気とも冗談とも思えるトーンで語る。長澤は「『コンフィデンスマンJP』が、まだまだこの先も続いていくことを祈っているところです」と笑顔を見せ、「まずはこの作品がたくさんの人に届き、愛されるといいなと思っています」と願いを込めた。

また、約1年前の本ドラマで遅咲きのブレイクを果たした小手。「この1年で僕の生活が激変した。急激にバラエティに呼んでもらったり、こういう場所に立たせてもらったり。この作品に出合えたことによって大きな1歩を踏み出した。この作品を通じて2歩、3歩とシンデレラの階段を上っていきたい」と決意を新たに。しかし東出が「この映画で(小手演じる)五十嵐は非業の死を遂げたからね、もう出てこない」とジョークを飛ばすと、小手は「遂げてない!」と手をパタつかせていた。

さらにこの日は、鑑賞後の観客445人に対し、今作の展開に騙されたか否かをアンケート。「ダマされた」という札を挙げた人数を“野鳥の会”メンバーがカウントし、全体の97%が騙されたという結果となった。これに長澤は「嬉しいです! ありがとうございます」と声を弾ませ、東出も「『騙される』という前提なのに97%。ありがたいですね」と手応えをにじませていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報