「ガーディアンズ3」解雇&再雇用されたジェームズ・ガン監督、心境を初告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月17日 > 「ガーディアンズ3」解雇&再雇用されたジェームズ・ガン監督、心境を初告白
メニュー

「ガーディアンズ3」解雇&再雇用されたジェームズ・ガン監督、心境を初告白

2019年5月17日 16:00

ジェームズ・ガン監督「スーサイド・スクワッド」

ジェームズ・ガン監督
Photo by Christopher Polk/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」への復帰が決定したジェームズ・ガン監督が、解雇された際の心境を初告白した。

ガン監督は2018年7月、過去の不適切なツイートを理由に、20年に公開を予定していた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」から降板させられた。この出来事は映画業界に大きな衝撃を与え、出演者たちが連名で再雇用を求める声明を発表したり、ファンによるオンラインの署名活動へと発展。その後、ガン監督はウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長との複数回の面会を経て、今年3月に再雇用されている。

全米公開が迫るホラー映画「ブライトバーン(原題)」のプロモーションで、同作のプロデューサーを務めるガン監督が米Deadlineの独占取材に応じた。ディズニーに解雇された日のことを、ガン監督は「人生でもっとも感情的な日だった」と振り返る。「それまでの人生でもきついときはあった。依存症を絶とうとしていたとき、友人が自殺したときなどだ。でも、今回は非常にきつかった。すべてがなくなってしまった、キャリアが終わったと感じたよ」。

しかし、すぐに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の出演者をはじめ、業界内の友人たちから電話が殺到。自分がいかに愛されているか実感することが出来たという。「だから、あの日は人生最悪でもあり、人生最高の日でもあったよ」。

その後、米ワーナー・ブラザースからのオファーを受け、DC映画「スーサイド・スクワッド2(仮題)」の脚本を執筆。そのまま自らメガホンをとることになった。「『スーサイド・スクワッド』は、あっという間に流れ出した感じだ。これほど楽しんで脚本を書いたのは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』以来かもしれない」。

ライバルのDCで映画監督を続けられることになったガン監督だが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」に未練はあったという。最大の後悔は、自らの分身であるロケット・ラクーンの物語を完結させることができなかったことだと明かす。「ロケットに共感していて、完全に愛着を覚えている。そして、彼の物語はまだ完結していないように感じていた。ロケットの物語は最初の映画で始まり、2作目を経て『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』へと続いている。『ガーディアンズ3』でそれを完結させるつもりだった。だからこそ、喪失感が大きかったんだ」。

監督復帰を果たす「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」は、「スーサイド・スクワッド2(仮題)」の後に取りかかることになる。「今回の出来事でたくさんのポジティブなことがあった。このプロセスを経て、自分についてありとあらゆることを学ぶことができたよ」と改めて振り返った。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」の公開日は、現時点では未定。

(映画.com速報)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,174 全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作。
スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 「バットマン」や「スーパーマン」などと同じDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描くアクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報