一艘の舟。すべてはそこから始まる…オダギリジョー監督作、特報&ポスター完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月15日 > 一艘の舟。すべてはそこから始まる…オダギリジョー監督作、特報&ポスター完成
メニュー

一艘の舟。すべてはそこから始まる…オダギリジョー監督作、特報&ポスター完成

2019年5月15日 10:00

オダギリジョーと撮影監督クリストファー・ドイルがタッグを組む「ある船頭の話」

オダギリジョーと撮影監督クリストファー・ドイルがタッグを組む
(C)2019「ある船頭の話」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]オダギリジョーの長編初監督作「ある船頭の話」が9月13日に公開されることが決定し、あわせて特報と第1弾ポスターがお披露目された。セリフが一切ない映像は、「一艘(そう)の舟。すべてはそこから始まる。」という言葉で締めくくられ、「舟に乗り込む客にはそれぞれに理由があり、船頭が彼らにどのように関わっていくのかを丁寧に描きたかった」というオダギリ監督のこだわりを垣間見ることができる。

オダギリ監督が世界的に活躍する撮影監督クリストファー・ドイル(「ブエノスアイレス」「恋する惑星」)とタッグを組み、近代化以前と思しき山村で船頭を続ける男の物語を紡ぐ。名優・柄本明が主演し、オーディションを勝ち抜いた川島鈴遥、若手実力派・村上虹郎が共演。「」(黒澤明監督)で米アカデミー賞を受賞したワダエミが衣装デザインを手掛け、アルメニア出身のジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦している。

村と町をつなぐ船頭のトイチ(柄本)は、村人の源三(村上)が遊びに来るとき以外は、黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。川上では橋が建設中で、人々は完成を心待ちにしている。ある日、身寄りのない少女(川島)が現れ、トイチの人生は少しずつ変化していく。

特報には、ハマシアンによる弦とピアノの旋律にのせ、ドイルがとらえた日本の原風景を活写。ポスターは本作のキーカラーである赤をベースに、広大な川で船を漕ぐ船頭トイチの姿を浮かび上がらせている。

ある船頭の話」は、9月13日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。

(映画.com速報)
ブエノスアイレス[Blu-ray/ブルーレイ] ブエノスアイレス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,700 「欲望の翼」のウォン・カーウァイ監督のもと、レスリー・チャンとトニー・レオンが恋人役を演じ、アルゼンチンを舞台に繰り広げられる男同士の切ない恋愛や人間模様を描いたラブストーリー。
恋する惑星[Blu-ray/ブルーレイ] 恋する惑星[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ウォン・カーウァイが、香港は重慶マンション周辺を舞台に、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマを独自の語り口と映像感覚で綴った一編。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報