アニエス・バルダの遺作が12月公開 「ラ・ポワント・クールト」と「ダゲール街の人々」も

2019年5月14日 16:00

「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」の一場面
「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」の一場面

[映画.com ニュース]3月29日に死去したアニエス・バルダの遺作「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」が、12月に劇場公開されることが決定した。

今年2月のベルリン国際映画祭で本作が特別上映された際は、バルダ監督本人も登壇し、創作意欲の衰えぬ姿を見せたが、その直後の訃報だった。マーティン・スコセッシマドンナアンジェリーナ・ジョリーギレルモ・デル・トロパティ・スミスら、世界中の映画人、アーティストがこぞって追悼の意を表した。

本作は、ヌーベルバーグの祖母と呼ばれたバルダの半世紀以上に渡る創作活動、長編劇映画デビュー作「ラ・ポワント・クールト」から、昨秋日本でも公開された「顔たち、ところどころ」までをバルダ自身が情熱とユーモア溢れる口調で語りつくしながら、貴重な映像とともに綴る集大成的セルフポートレイト。

今作の公開に合わせ、今年の第72回カンヌ国際映画祭のメインビジュアルにも使用され話題となっている、デビュー作「ラ・ポワント・クールト」(55)、バルダが事務所兼住居を構えるパリ14区の通りを点描したドキュメンタリー「ダゲール街の人々」(75)という、日本においては正式劇場公開されていない2作も同時公開される。

ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」は、12月、シアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
アニエスによるヴァルダ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
顔たち、ところどころ[DVD]

顔たち、ところどころ[DVD]

最安価格: ¥3,344

フランス映画界の名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー。

フォトギャラリー

  • 「ラ・ポワント・クールト」
  • 「ダゲール街の人々」

(c) Agnes VARDA

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. マーベル社長、チャドウィック・ボーズマンさんの代役を立てなかった理由を告白

    1

    マーベル社長、チャドウィック・ボーズマンさんの代役を立てなかった理由を告白

    2022年10月2日 12:00
  2. スピルバーグ、デル・トロ、バーホーベンらがひれ伏す“特殊効果の神” フィル・ティペット監督作「マッドゴッド」公開

    2

    スピルバーグ、デル・トロ、バーホーベンらがひれ伏す“特殊効果の神” フィル・ティペット監督作「マッドゴッド」公開

    2022年10月2日 14:00
  3. 夢枕獏「陰陽師」初アニメ化、Netflixで23年独占配信 「メガネブ!」の山本蒼美が監督

    3

    夢枕獏「陰陽師」初アニメ化、Netflixで23年独占配信 「メガネブ!」の山本蒼美が監督

    2022年10月2日 17:30
  4. 中国で知らない人はいない? 「ガリレオ」原作者・東野圭吾は社会現象を招く超人気作家【アジア映画コラム】

    4

    中国で知らない人はいない? 「ガリレオ」原作者・東野圭吾は社会現象を招く超人気作家【アジア映画コラム】

    2022年10月2日 10:00
  5. 「後宮の烏」平田真菜、上田麗奈が出演 OP曲は女王蜂、ED曲はKrage 本PV第2弾も公開

    5

    「後宮の烏」平田真菜、上田麗奈が出演 OP曲は女王蜂、ED曲はKrage 本PV第2弾も公開

    2022年10月2日 08:00

今週