アニエス・バルダの遺作が12月公開 「ラ・ポワント・クールト」と「ダゲール街の人々」も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月14日 > アニエス・バルダの遺作が12月公開 「ラ・ポワント・クールト」と「ダゲール街の人々」も
メニュー

アニエス・バルダの遺作が12月公開 「ラ・ポワント・クールト」と「ダゲール街の人々」も

2019年5月14日 16:00

「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」の一場面「バルダ・バイ・アニエス(原題)」

「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」の一場面
(c) cine tamaris
[拡大画像]

[映画.com ニュース]3月29日に死去したアニエス・バルダの遺作「ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」が、12月に劇場公開されることが決定した。

今年2月のベルリン国際映画祭で本作が特別上映された際は、バルダ監督本人も登壇し、創作意欲の衰えぬ姿を見せたが、その直後の訃報だった。マーティン・スコセッシマドンナアンジェリーナ・ジョリーギレルモ・デル・トロパティ・スミスら、世界中の映画人、アーティストがこぞって追悼の意を表した。

本作は、ヌーベルバーグの祖母と呼ばれたバルダの半世紀以上に渡る創作活動、長編劇映画デビュー作「ラ・ポワント・クールト」から、昨秋日本でも公開された「顔たち、ところどころ」までをバルダ自身が情熱とユーモア溢れる口調で語りつくしながら、貴重な映像とともに綴る集大成的セルフポートレイト。

今作の公開に合わせ、今年の第72回カンヌ国際映画祭のメインビジュアルにも使用され話題となっている、デビュー作「ラ・ポワント・クールト」(55)、バルダが事務所兼住居を構えるパリ14区の通りを点描したドキュメンタリー「ダゲール街の人々」(75)という、日本においては正式劇場公開されていない2作も同時公開される。

ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)」は、12月、シアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開。

(映画.com速報)
顔たち、ところどころ[DVD] 顔たち、ところどころ[DVD] 最安価格: ¥3,026 フランス映画界の名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報