松岡茉優、令和になっても「原恵一監督のアニメ作品に」! 次回は“当て書き”で

2019年4月26日 20:00

「アヌシー国際アニメーション映画祭」にノミネート!
「アヌシー国際アニメーション映画祭」にノミネート!

[映画.com ニュース]柏葉幸子氏の名作児童文学を映像化したアニメーション映画「バースデー・ワンダーランド」が4月26日、全国256スクリーンで封切り。東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶が行われ、声優を務めた松岡茉優麻生久美子市村正親原恵一監督が登壇した。

原作は柏葉氏の「地下室からのふしぎな旅」。誕生日を翌日に控える小学生の少女アカネ(松岡)が、謎めいた大錬金術師とその弟子に連れられ、骨董屋の地下室の扉から繋がるワンダーランドで“救世主”として大冒険を繰り広げる。

挨拶に立った松岡は「自分のことを肯定してくれる映画。濃度、密度がとてつもないクライマックスに、今まで流したことがないピュアな涙が流れた」と本作の感想を熱弁。原監督が「自分は役者としても、人間としても、好きな人としか仕事はしたくない」と語ると、「令和になっても、原監督のアニメーションに出たいですし、次回はぜひさんのように、わたしも“当て書き”で」と猛アピール。原監督も「しっかり記憶しております」とうなずいた。

アニメーションの国際映画祭として最も権威ある「2019アヌシー国際アニメーション映画祭」の長編映画コンペティションに正式ノミネーションが決まったばかり。原監督にとっては、3度目の快挙となり「世界中のアニメーション作品が集まる映画祭。とはいえ、他の人の作品は見ないで(笑)、町をぶらぶらし、お酒を飲んでいるので、また行けるのが楽しみ」と意欲を語った。

そして、「あえて海外にこびたりせず、何より日本のお客さんに喜んでもらえる作品を目指した。そうすれば、世界でも受け入れられるんじゃないかと確信もある」とし、「本格的なファンタジー映画は初めて。実は最初はちょっと自信がなかったが、どんなジャンルであれ、ストーリーと登場人物がしっかり立っていれば、同じなんだと。とてもいい作品がつくれた」と強い自信を示していた。

舞台挨拶にはシンガーソングライターのmilet(ミレイ)が駆けつけ、イメージソング・挿入歌の「Wonderland」を生歌披露した。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース