「映画 少年たち」北京映画祭へ、「SixTONES」ジェシー「ジャニーズの良さアピールしたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月29日 > 「映画 少年たち」北京映画祭へ、「SixTONES」ジェシー「ジャニーズの良さアピールしたい」
メニュー

「映画 少年たち」北京映画祭へ、「SixTONES」ジェシー「ジャニーズの良さアピールしたい」

2019年3月29日 18:26

丸の内ピカデリーでは4月7日まで連日、 上映前後にパフォーマンスを披露「映画 少年たち」

丸の内ピカデリーでは4月7日まで連日、
上映前後にパフォーマンスを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が演出する舞台を、自らの製作総指揮で映画化した「映画 少年たち」が3月29日、全国158スクリーンで封切られた。東京・丸の内ピカデリー1で行われた初日舞台挨拶には、ジャニーズJr.の「SixTONES」「Snow Man」ら総勢14人の出演者、本木克英監督が顔をそろえた。

Jr.のメンバーは「Fire Storm」を歌い客席通路を練り歩きながら登壇。上映規模は47都道府県を網羅しており、京本大我は「ライブでもなかなか回れる数じゃない。映画という形で全国の皆さんに見ていただける貴重な機会。ありがたいです」と声をはずませた。

同館では4月7日まで連日、上映前後にパフォーマンスを披露する「映画と実演」を実施。高地優吾は、「昔は上映の後のパフォーマンスが当たり前だったと聞いている。だから僕たちもチャレンジします。誰が出るかはお楽しみ」と笑顔を見せた。

また、4月13日に開幕する第9回北京国際映画祭への出品も決定。上映に合わせ現地入りする予定のジェシーは「めっちゃ緊張すると思うけれど、英語で話して『少年たち』の素晴らしさ、ジャニーズの良さをアピールしたい」と意欲。田中樹は、「ミュージカルの要素もあるし、楽曲は知らなくても音楽で伝わるものがあると思う」と期待を寄せた。

舞台の初演は1969年。本木克英監督は、「半世紀以上もあるジャニーズの魅力を知ることができて、充実した経験だった。皆がしっかりと役をつかんで、舞台とは違う抑えた芝居をしたのでべた褒めしていい感じ」と称賛した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報